金沢市役所通り魔犯人の画像

かねてより報道されていた金沢市役所で職員4人が相次いで刺された事件で、容疑者の男が逮捕されました。逮捕されたのは金沢市みどりの無職・高畑潤一(たかはたじゅんいち)容疑者。

 

高畑容疑者は金沢市役所で警備員と職員の男性3人と女性1人を刃物のようなもので切りつけケガをさせ、現行犯で逮捕されたのです。

 

今回も例によって高畑潤一の顔画像が公開状況や、FacebookなどのSNSアカウントの有無についても書いていきたいと思う。

スポンサーリンク

事件の詳細

 

事件が起きたのは2018年3月14日の午後3時過ぎだった。

犯人逮捕の報道をしたNHKの記事によると

4日午後、金沢市の市役所で職員と警備員合わせて4人が男に刃物のようなもので切りつけられ、けがをして病院に運ばれました。4人はいずれも意識があるということで、警察は市内に住む33歳の男を逮捕して殺人未遂の疑いで調べることにしています。

14日午後3時すぎ、金沢市役所の本庁舎の3階と5階のトイレなど合わせて4か所で、職員と警備員合わせて4人が男に刃物のようなもので相次いで切りつけられ、背中などにけがをして病院に運ばれました。

警察によりますと、けがをしたのは男性3人と女性1人で、いずれも意識があるということです。当時、市役所には多くの住民がいましたが、けがはなかったということです。

男は大声をあげながら市役所の中を移動し、駆けつけた警察官に7階で取り押さえられ、銃刀法違反の疑いで逮捕されました。逮捕されたのは、金沢市みどりの無職、高畑潤一容疑者(33)で、警察は持っていた数本の刃物を押収するとともに、今後、殺人未遂の疑いで詳しいいきさつを調べることにしています。

市役所の本庁舎には市長室や議場などがあり、事件のあと住民の立ち入りが禁止されるなどして、一時、騒然となりました。

引用:https://www3.nhk.or.jp/news

金沢市役所通り魔犯人の画像金沢市役所通り魔犯人の画像金沢市役所通り魔犯人の画像金沢市役所通り魔犯人の画像

出典:FNN

一時市民が立入禁止となった金沢市役所。近隣順民を騒然とさせた事件の犯人は33歳の無職の男だった。目撃者によると高畑潤一は、金沢市役所の3階で突然刃物を振り回し、「市長に会わせろ!」と大声で暴れ始めたという。

現場は怒声と悲鳴が入り交じり、「怖くて外に出たら男の人が何人か救急車で運ばれていた。とにかく怖かった」と事件当時の恐怖を語っていた。

スポンサーリンク

顔画像の公開は?

 

金沢市を恐怖に陥れた高畑潤一の顔画像は公開されているのだろうか。調べてみたが、現時点では顔画像の公開はされていないようである。だが、事件発生から速報として各メディアが一斉に報じた注目度の高い事件であることから、今後犯人が護送されるシーンなどがニュース番組で放送され、顔画像が判明する可能性は十分ありそうだ。

このような凶悪な事件を起こした犯人は、犯罪抑止の意味でもどのような人物なのか公開し、犯罪をすれば社会的にも立場がなくなるということを分からせねばならない。高畑潤一の顔画像が公開され次第、また記事を更新していきたいと思う。

スポンサーリンク

Facebook・インスタ・ツイッターは?

 

高畑潤一の情報を知るには彼のSNSを特定することが最も早い方法だ。そこでネット上では彼のFacebookやインスタ・ツイッターなどのSNSのアカウントは特定されているのか調べてみると、インスタとツイッターには該当者はいない。

だが、Facebookには同姓同名の人物が複数おり、顔画像なども公開されている。だが、そのアカウントと今回の事件の犯人との関連性が確固たるものではないため、特定するには至っていないのが現状である。

33歳という年齢を考えると、SNSを利用している可能性は十分あるため、今後判明次第情報を公開していきたい。

スポンサーリンク

犯行の動機は?

高畑潤一の画像

出典:https://mainichi.jp/

高畑潤一はなぜ金沢市役所でこのような暴挙に及んだのだろうか。警察に調べに対しては

「今は話すことはありません」

と答えており、事件解明は時間がかかりそうである。だが、目撃者の情報によると高畑潤一が暴れ始めたのは「市営住宅課だった」という話も浮上しているのだ。推測になってしまうが生活が苦しく格安で入居できる市営住宅に入居の申請を出していたが、入居が叶わずこのような暴挙に出た可能性もありそうだ。市営住宅は収入によって変動するものの、月額3万円前後で入居できる格安な住居であることから、入居希望者は非常に多く毎回抽選で決められている。

金沢市役所の職員によると、高畑潤一はたびたび3階の窓口を訪れていたというのである。彼が無職であることを考えても金銭的に余裕があったとは到底思えないことからも、そういった不満の爆発が犯行動機なのではと考えられる。

いずれにしても高畑潤一は刃渡り10センチ以上の包丁を持参しており、突発的ではなく暴れるつもりで市役所に来ていたことになる。

 

高畑潤一のプロフィール

 

現時点で判明している情報を掲載していきます。

 

【名前】:高畑潤一(たかはたじゅんいち)

【居住地】:石川県金沢市みどり

【年齢】:33歳

【職業】:無職

高畑潤一の画像

出典:https://mainichi.jp/

事件当時の様子

事件当時の金沢市役所付近の様子は、ツイッターなどに複数のユーザーが投稿し、緊迫した状況であることが伝えられている。

ネット上の声

 

▶テロの一種とみなしていい。市長に会えたとしても相応の政治論や経済論を戦わせるだけの準備があったとは思えない。
そのうち市役所やそれ以外でも入口で刃渡り6cm以上を目安に検知するような金属探知機が設置される時代が来るぞ。

 

▶包丁を持参で話をしに来たのだし、四人も襲ったのだから、殺人の可能性が高かったはず。致命傷にならない程度に撃てば良かったんだ。幸い四人とも命はあったけど、もしも一人でも亡くなれば、警察の失態となる。危険な相手は、思いきって撃てば良いと思う。
被害が広がるから。

 

▶春だからなー
今日は特に暖かかったというより暑かったからなー
刺された人は気の毒ですね。
重傷でなければいいですけど、公務員も大変ですね。

 

▶撃ったらよかったのに。

 

▶金沢市民です。
普通に怖いし、まだアンチ市長がそこかしこにいるんだなと感じます。

 

▶今日は暖かかったからなあ

 

▶このニュースより『忖度』の方が扱いと関心度が高いんだから、この国ってなんか色々終わってる気がする。

 

▶タイミング的にオウムの「山田らの集団」なのかと思ってしまうなぁ。

 

▶せっかく市役所職員になれたのに
キ〇ガイおじさんに刺されるとか可哀想でならない

 

▶どんな思いがあったとしても罪のない職員を次々刺すのは正当化できない

 

▶極度の興奮状態。
薬物の使用か、妄想症状を含有する・精神疾患かね。

 

▶包丁持って暴れたらどうなるかも判って無い様な奴は、当分ブタ箱で臭い飯食ってろ。

 

▶公共施設への刺股の常設は急務だよ。
刺股だけでなく、警杖の携帯や所持も緩和するべき。
30~40センチの包丁相手なら、その3倍から4倍の長さの得物で対応した方がいい。

 

▶左翼プロ市民団体ってこんなやつばっかり。

 

▶暖かくなると変な人が多くなる 
普通は陽気に変わってる人が多く出るが
キレたらこわいよね

 

▶生活保護で揉めたのだと思う

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。