NHKのアナウンサーでおはよう日本のメインキャスターとして活躍している高瀬耕造アナに関して、ピコ太郎を見て笑いをこらえる動画がやばいと話題になっている。

 

高瀬耕造アナといえば、子供や紅白についても話題になっている。

 

また、林遣都との関係や真田丸についても注目を集めているようである。

 

そこで高瀬耕造アナに関して・・・

 

  • 身長や体重に年齢や生年月日は?
  • 高校大学に血液型は?
  • ピコ太郎を見て笑いをこらえる動画が見たい!
  • 結婚した嫁は?子供は?
  • 異動の噂って?

 

こんな疑問に答えていきたいと思う。

 

スポンサーリンク

 

高瀬耕造のプロフィール

 

 

【名前】:高瀬耕造

【読み方】:たかせ こうぞう

【出身】:兵庫県加古川市

【生年月日】:1975年12月26日

【星座】:やぎ座

【年齢】:41歳(2017年4月現在)

【身長】:非公表

【デビュー】:1999年

【所属】:NHK放送センター東京アナウンス室

【趣味】:男声合唱、人間観察、万年筆収集

【好きな食べ物】:はっさく、マンゴー

【モットー】:ひるまない、揺るがない、決して逃げない

【学歴】

  • 兵庫県立加古川東高等学校
  • 早稲田大学商学部

 

スポンサーリンク

 

高瀬耕造の経歴

 

 

庫県加古川市で生まれ育った高瀬耕造は、地元の加古川東高等学校から早稲田大学の商学部に進学している。

 

大学を卒業後はNHKにアナウンサーとして入社し、NHK新潟に配属されている高瀬耕造。

 

新潟時代は「あなたもWelcome!ゆうどき新潟」や「新潟発ふれっしゅ便」のキャスターとして活躍しており、すでにこの頃からニュース原稿を正確に読む能力が評価されていたのである。

 

 

その後NHK広島に異動となると、「ふるさと発スペシャル『ちゅうごく人口減少社会』」のキャスターを務め、2008年からNHKアナウンサーの花形といわれる東京アナウンス室に異動となっている。

 

おはよう日本」「ニュースシブ5時」のキャスターや、参議院選挙や衆議院選挙の特番、「NHKニュース7」のメインキャスターなど、NHKのニュースキャスターとして重要なポジションにいるのである。

 

 

2017年からは「おはよう日本」のメインキャスターに抜擢され、NHKの朝の顔として活躍中である。

 

過去にやや小太りだった時期があり、ダイエットを頑張った結果、3ヶ月で12キロ痩せることに成功したという。

 

もしもアナウンサーになっていなかったら?という質問には「彫刻家です」と答え、周囲を驚かせた。

 

スポンサーリンク

 

異動の噂とは?

 

 

て、高瀬耕造を検索で調べてみると「異動」というキーワードが上位にランクインしている。

 

これに関して調べてみると、高瀬耕造が東京アナウンス室に異動してから9年が経過しているが、それ以降の異動はないようだ。

 

では異動とは何を指しているのか調べてみると、番組間の異動のことであった。

 

NHKの主要なニュース番組出演してきた高瀬耕造は、「おはよう日本」「NHKニュース7」「正午ニュース」「ニュースシブ5時」「NHKニュース7」「おはよう日本」と、毎年から2年おきと言っていいほど出演番組が変わっている。

 

そのため、次はどの番組に異動するのか?という意味で検索が増加しているのだろう。

 

 

スポンサーリンク

結婚した嫁は?子供は?

 

 

瀬耕造は結婚しているのか調べたところ、NHK新潟時代に結婚しているようだ。

 

そのお相手というのが、元テレビ新潟のアナウンサーであった川野美咲である。

 

また子供がいるのか調べてみたが、二人の間に子供がいるという情報は確認できなかった。

 

 

ピコ太郎を見て笑いをこらえる動画

 

 

歴を見てもニュース番組への出演がほとんどで、淡々とニュースを伝える印象がある高瀬耕造。

 

だがそのイメージが覆った出来事が起きている。

 

それは2016年12月31日の紅白歌合戦でのことである。

 

紅白歌合戦でその年にブレイクしたピコ太郎が歌とダンスを披露し、その後カメラがニュース番組に移行したときのことだ。

 

 

ピコ太郎の映像を見ていた高瀬耕造は、笑いを堪えるのに必死な様子が放送されたのだ。

 

それでも持ちこたえ淡々とした口調でニュースを伝えた高瀬耕造。

 

その時の動画がこちらである。

 

 

これに対しネット上では・・・

 

「さすがNHKアナウンサーになるだけのことはあるw」

「絶対に笑ってはいけない高瀬アナ」

「紅白の前半のMVPは笑いを堪えた高瀬アナ」

「紅白で一番印象に残ったのは、ピコ太郎のあとの高瀬アナ」

 

といった声が聞かれ、あの状況で笑わずにニュースを伝えた高瀬耕造を称えることが多かったようである。

 

過去にはNHK新潟での最後の出演番組では・・・

 

「広島で5年間やってきましたが・・・」

 

と新潟ではなく次に異動する広島を出してしまい・・・

 

「高瀬さん、新潟ですよ」

 

と共演者に突っ込まれるなど、お堅いイメージとは違いおちゃめな一面も見せている高瀬耕造。

 

 

地味な印象だった高瀬耕造だったが、紅白といいNHK新潟での出来事といいファンが一気に増えたという。

 

今後もNHKのニュース番組の”顔”として活躍してほしいものである。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。