ントフォース所属のタレントである瀧口友里奈に関して、水着動画がヤバすぎると話題になっている。

 

瀧口友里奈といえば、「さきっちょ」に出演していたことや写真集も話題になっている。

 

またモーニングサテライトへの出演やプロフィールなども注目されているようだ。

 

そこで瀧口友里奈に関して・・・

 

  • 身長や体重にスリーサイズやカップサイズは?
  • 年齢や高校大学に血液型や生年月日は?
  • 水着動画が見たいんだけどある?
  • 写真集の画像ってあるの?
  • 結婚した旦那ってどんな人?
  • 妊娠の噂とかあるの?

 

こんな疑問に答えていきたいと思う。

 

スポンサーリンク

 

瀧口友里奈のプロフィール

 

 

【名前】:瀧口友里奈

【読み方】:たきぐち ゆりな

【ニックネーム】:たっきーな

【出身】:神奈川県

【生年月日】:1987年8月1日

【星座】:しし座

【年齢】:29歳(2017年2月現在)

【血液型】:O型

【デビュー】:2008年

【所属事務所】:セントフォース

【趣味】:音楽・演劇・映画鑑賞、料理、歴史

【特技】:英会話

【資格】:ファイナンシャルプランナー、英検1級、TOEIC955点)

【好きな作家】:芥川龍之介、森鴎外

【好きなミュージシャン】:安室奈美恵、BIGBANG、テイラー・スウィフト、バックストリートボーイズ、アリシア・キーズ

【好きなマンガ】:スラムダンク

【学歴】

  • 横浜雙葉小学校
  • 横浜雙葉中学校
  • 横浜雙葉高等学校
  • 東京大学文科三類

 

スポンサーリンク

 

身長・体重・スリーサイズやカップサイズは?

 

 

【身長】:163cm

【体重】:非公表

【スリーサイズ】:非公表

【カップサイズ】:Cカップ(推定)

 

長が163センチと日本人女性の平均身長よりもやや高い瀧口友里奈。

 

グラビア活動もしているのだが、スリーサイズやカップサイズは公表されてはいないようである。

 

だが画像や動画を調べてみると、Cカップではないかと思われる。

 

スポンサーリンク

 

瀧口友里奈の経歴

 

 

奈川県で生まれ東京都で育った瀧口友里奈は、2人姉妹の長女で5歳年下の妹がいる。

 

横浜雙葉高等学校から東京大学に進学した瀧口友里奈は、大学を卒業後セントフォース所属のタレントとして活動を開始している。

 

多数のタレントを輩出した伝説の深夜番組「キャンパスナイトフジ」のキャンパスナイターズとして活躍し、番組終了後は「徹底リサーチ!浅草キッド総研」「さきっちょ☆」のさきっちょガールとしても活躍しているのである。

 

 

近年は「ニュースモーニングサテライト」のキャスターとしてもお馴染みであり、セントフォース所属だけあってタレントというよりもアナウンサーよりであるといえよう。

 

グラビア活動も行っており、2011年10月にリリースしたDVD「Prism」以降は水着姿を披露していないようである。

 

 

スポンサーリンク

結婚した旦那は誰?妊娠は?

 

 

て、東大出身タレントとして活躍していた瀧口友里奈だが、熱愛などの噂は一切なかった。

 

だが2016年3月に突如結婚を発表し周囲を驚かせている。

 

そのお相手というのが同じ東京大学出身の会社員の男性である。

 

 

コレだけ聞くと大学時代から交際していた彼氏と、満を持して結婚したのか?と思ってしまうが、そうではなく、旦那さんは8歳年上であり演劇サークルの先輩なのだという。

 

OBとして後輩の公演を見に来ていた2人が、知り合いを介して交際に発展したのである。

 

挙式は2016年5月にすでに行われており、妊娠に関しても気になるところだが、

現在瀧口友里奈が妊娠しているという情報は無いようである。

 

 

水着動画や写真集画像

 

 

去には東大卒タレントとしてグラビア活動も行っていた瀧口友里奈。

 

キャンパスナイトフジの番組内でも水着ショーが行われており、瀧口友里奈もたびたび水着姿を披露し、視聴者の間でも人気を集めていた。

 

2010年には自身のファースト写真集「cent. Force fresh & sprout」を出版し翌2011年には初DVDもリリースしていたが、その後はグラビア活動は行っていない。

 

 

そんな瀧口友里奈の水着動画や写真集画像を、外部サイトではあるが発見したのでぜひご覧いただきたい。

 

瀧口友里奈のファンの方はもちろんだが、そうでない方や彼女のことをあまり知らない方でも必見である。

 

瀧口友里奈の水着動画

 

瀧口友里奈の写真集画像

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。