ードモデルとして活動している兎丸愛美さんが話題になっている。

 

ツイッターでは「のらねこ」の名義で自身の画像を公開している兎丸愛美とは一体どんな人物なのか。

 

「ラッドウィンプス」との関係はあるのか?

 

ここでは兎丸愛美さんのプロフィールや経歴などを紹介していきたいと思う。

 

スポンサーリンク

 

兎丸愛美のプロフィール

 

 

 

【名前】:兎丸愛美

【読み方】:うさまる まなみ

【生年月日】:1992年9月16日

【星座】:おとめ座

【年齢】:24歳(2017年6月現在)

【身長】:163cm

【体重】:非公表

【スリーサイズ】:非公表

【カップサイズ】:Cカップ(推定)

【デビュー】:2014年

【学歴】:非公表

 

スポンサーリンク

 

兎丸愛美の経歴

 

モデルとして活動している兎丸愛美だが、彼女はファッションモデルではなくヌードモデルとして活動している。

 

2014年から週刊誌などにグラビアが掲載されたことで、ヌードモデルとして活動してきた兎丸愛美。

 

ありのままの自分を見せたいという言葉通り、表情も作らないそのままの自分を写真おさめているのが芸術的だと多くの女性ファンから支持を得ているのである。

 

 

 

 

六人きょうだいの末っ子だという兎丸愛美は、成績なども決して良くはなく兄や姉に劣等感を抱いて生きていたという。

 

19歳の時には自分を追い詰め死にたいとまで思い詰めたことがあり、遺書のつもりで知り合いに裸の写真を取ってもらったのだという。

 

 

その時裸でいることに心地よさを覚えたという。

 

ネットにヌード写真を公開すると、大きな反響があったことで、ヌードモデルとして活動を開始した兎丸愛美。

 

きっと何か見えない力に生かされたのだろう。

 

兎丸愛美は過去にミュージックビデオに出演した経歴も持つ。

 

▼フレデリック 「オワラセナイト」▼

 

 

▼宇宙ネコ子 「Summer Sunny Blue (with 入江陽)」▼

 

 

2017年4月には自身初めてとなる写真集「きっとぜんぶ大丈夫になる」を出版している。

 

多くのカメラマンが彼女の撮影を望むほど魅力に溢れた人物だという。

 

彼女を検索するとラッドウィンプスというキーワードが登場するが、どういった関係があるのかはわからなかった。

 

過去にミュージックビデオに登場したことがあるのだろうか?

 

スポンサーリンク

 

大学は東京家政大学?

 

兎丸愛美を検索で調べてみると「東京家政」というキーワードが上位にランクインしている。

 

東京家政大学といえば元々服飾系の大学であったが、現在は児童教育科や看護学科などの学部がある。

 

兎丸愛美が東京家政大学出身という情報はないようだが、もしかしたら学園祭などのイベントに参加したことがあるのだろうか?

 

 

彼女は家庭科の先生になるために大学に通っていたと語っているため、東京家政大学の名前が出たのかもしれない。

 

もしくは東京家政大学の卒業生である可能性も十分ありそうである。

 

 

スポンサーリンク

掲載された雑誌も多数

 

 

ヌードモデルとして雑誌に掲載されたことも多数ある兎丸愛美。

 

彼女の掲載された雑誌は

 

  • フォトテクニック
  • REVS japan
  • ヌードアーカイブス
  • 週刊文春
  • ハーレー専門誌VIBES

 

などである。ウェブ関係を入れたらキリがないほど掲載されている兎丸愛美。

 

また最近は女優として舞台にも挑戦しており2016年12月に上演された舞台「幽霊」は記憶に新しい。

 

時にはこんなイベントも

 

 

自分に自信がなかった兎丸愛美

 

ヌードモデルを始めたきっかけとして、自分に自信がなかったと語っている兎丸愛美。

 

6人きょうだいの末っ子で幼少時代から家庭科の先生になるのが夢だったという。

 

実際に家庭科の先生になるために大学に通っていたのだが、姉が先に教師になり追い越せないと感じ夢を諦めたという。

 

 

また勉強でも運動でも姉や兄にかなわず、自分に自信がなかった時にヌードモデルを始めたという。

 

気持ちが落ちていた彼女にとって今の仕事は救いになったのだろう。

 

スポンサーリンク

 

兎丸愛美の美しい画像

 

兎丸愛美はツイッターで自身の画像を公開している。

 

その画像が美しいと話題になっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがにヌード写真を載せることはできないので、興味のある方は兎丸愛美のツイッターやインスタグラムをご覧になって欲しい。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。