タレントのやしきたかじん(64歳)が1月4日に

亡くなっていたことがわかりました。

 

スポンサーリンク

 

RVannifYPpKIaB1_wClsF_39

2012年1月31日に食道がんが発見されて、一度は手術をして

芸能界に復帰していましたが、再び再発して

1月4日に息を引き取ったそうです。

 

スポンサーリンク

 

以下引用

人気司会者で歌手、タレントのやしきたかじん(本名・家鋪隆仁)さんが死去していたことが7日、分かった。

64歳だった。告別式は近親者で済ませた。

大阪府生まれ。大学時代から歌手活動を始め、1984年に「あんた」、86年に「やっぱ好きやねん」など次々にヒット曲を放つ一方、歯に衣(きぬ)着せぬ発言が人気を呼び、関西の民放テレビで司会者として活躍、「関西の視聴率男」との異名を取った。

「たかじん胸いっぱい」(関西テレビ)、「たかじんのそこまで言って委員会」(読売テレビ)、「たかじんNOマネー」(テレビ大阪)など、自身の名前を冠した数多くのレギュラー番組に出演していたが、2012年に食道がんを公表し、治療のため休業。13年3月に一度復帰したが、約2か月後に再び体調を崩し、休養していた。

 

srgt452

 

 

内視鏡で、がんの切除手術を行いましたが

縫合がうまくいかず、再手術となり一ヶ月で回復したそうです。

 

またその間も合併症で再手術したりと

体の状態はあまり良くなかったようです。

 

抗癌剤の治療を続けていましたが、

2週間の入院が必要なところを

一晩で退院してしまったそうです。

 

その理由が札幌競馬場で競馬の観戦をしたかったのだとか。

 

 

理由がやしきさんらしいというか、芸能界きっての競馬好き

で知られていましたから、自分の体よりも、競馬のほうが

大事だったのでしょうね。

 

 

遺族の方及び関係者方々は深い悲しみがあると思いますが

やしきたかじんさんのご冥福を心より祈っております。