映画監督の行定勲(ゆきさだいさお)さんは2017年9月29日に放送される『アナザースカイ』に出演することで話題になっていますね。

ちなみに『いきさだいさお』とも読めてしまいますが、『ゆきさだいさお』ですのでお間違いなく。

 

行定勲監督の代表作といえば『GO』や『世界の中心で、愛をさけぶ』などがあり、

多くの賞を受賞している監督ですね。

 

そんな行定勲監督の結婚相手(嫁・子供)や韓国に香川照之さんとの関係などが話題になっていますね。

 

今回は行定勲監督について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

行定勲のプロフィール

行定勲の画像

出典:http://www.crank-in.net/person/3516

【名前】:行定勲(ゆきさだいさお)

【出身地】:熊本県熊本市

【生年月日】:1958年8月3日

【年齢】:49歳(2017年9月現在)

【職業】:映画監督、脚本家

 

スポンサーリンク

 

高校や大学は?

行定勲の画像

出典:http://magabon.yomiuri.co.jp/special/voice/89_01.html

行定勲監督が通っていた高校や大学が気になるようでよく調べられていますね。

 

行定勲監督が通っていた高校は『熊本県立第二高等学校』だそうです。

愛称は『第二』、『二高』、『熊本二高』と様々な呼ばれ方がありますね。

 

お笑い芸人の井手らっきょさんや作曲家の寺嶋民哉さんも熊本県立第二高等学校出身です。

 

高校卒業後は映像系の専門学校である『東放学園映画専門学校』に進学した行定勲さんは、

在学中に制作会社に入社したみたいですね。

 

なんでも小学生の時に、

熊本城で映画の撮影を行っていた『黒澤明』さんの撮影現場を見て映画監督になりたいと思ったそうです。

 

スポンサーリンク

 

行定勲の作品

行定勲の画像

出典:http://www.filmcommission.taipei/jp/MessageNotice/NewsDet/3471

行定勲監督の作品をまとめてみたので御覧ください。

 

  • 1998年 『OPEN HOUSE』
  • 2000年 『ひまわり』
  • 2000年 『閉じる日』
  • 2001年 『贅沢な骨』
  • 2001年 『GO』
  • 2002年 『ロックンロールミシン』
  • 2003年 『セブンス アニバーサリー』
  • 2004年 『きょうのできごと a day on the planet』
  • 2004年 『世界の中心で、愛をさけぶ』
  • 2005年 『北の零年』
  • 2005年 『春の雪』
  • 2007年 『遠くの空に消えた』
  • 2007年 『クローズド・ノート』
  • 2010年 『今度は愛妻家』
  • 2010年 『パレード』
  • 2013年 『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』
  • 2014年 『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』
  • 2014年 『真夜中の五分前』
  • 2016年 『ピンクとグレー』
  • 2017年 『ナラタージュ』

 

短編映画も合わせると30作品以上の作品の監督をされていますね。

 

 

 

 

またテレビドラマやミュージックビデオの監督もしているようで、

浜崎あゆみさんの『Voyage』や安室奈美恵さんの『The Meaning Of Us』のミュージックビデオの監督もしています。

 

この中でも有名なのが2001年に公開された『GO』や2004年に公開された『世界の中心で、愛をさけぶ』でしょうね。

 

GO』では、

 

  • 日本アカデミー賞 最優秀監督賞
  • ブルーリボン賞 監督賞
  • 日本映画批評家大賞 監督賞
  • 日刊スポーツ映画大賞 監督賞
  • 高崎映画祭 若手監督グランプリ

 

など数多くの賞を受賞しました。

 

2017年10月7日公開の映画『ナラタージュ』の監督もされています。

主演を務めるのが嵐の松本潤さんでヒロインには『ひよっこ』でブレイク中の女優・有村架純さんです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

韓国人の噂?

行定勲の画像

出典:http://www.oricon.co.jp/news/2079849/full/

行定勲監督を調べると『韓国人』というワードが出てきますね、

行定勲監督は韓国人なんでしょうかね?

 

調べてみましたが行定勲監督の出身は熊本県で、日本人であることがわかりました。

 

ではなぜ韓国人というワードが出てきたのかというと、

行定勲さんが監督を務めた映画『GO』の影響だそうです。

 

『GO』の主人公が在日韓国人で、差別行為など様々な問題が起きていく作品だそうです。

 

行定勲監督の出世作でもある『GO』が在日韓国人をテーマにした作品であったため

行定勲 韓国』がよく調べられているみたいでした。

 

 

行定勲監督は純日本人ですので間違いないようにしましょう。

 

結婚相手(嫁・子供)詳細

行定勲の画像

出典:https://mainichi.jp/ch150574460i/

行定勲監督が結婚しているのか?気になりますよね。

 

行定勲監督は24歳の時に結婚していました、

お相手の女性は一般の方らしく顔画像や名前は公開されていませんでした。

 

今年で結婚15周年を迎えた行定勲監督は、

結婚生活についてインタビューで、

最近の趣味は、草むしりなんです。庭でガーデニングしたり、茄子を育てたりしてて。カミさんと二人で並んで草むしりをしながら、なんとなくしゃべってる。これっていいなあ、と自分でも思いますよ。

引用:http://www.kekkon-j.com/manual/love/lovetalk/003.html

と語っていました。

15年経っても夫婦円満のようですね。

 

子供についてですが、調べてみましたが行定勲監督に子供がいるという情報はありませんでしたが、

行定勲監督は、

結婚して早く家族を築き子供をもつというのもいいかなあと。

引用:http://www.kekkon-j.com/manual/love/lovetalk/003.html

と語っていましたので、もしかしたらいるのかもしれないですね。

 

香川照之との関係がヤバイw

行定勲の画像

出典:ガジェット通信 GetNews

香川照之さんといえば桁外れの演技力で数多くのドラマや映画に出演している俳優で、

歌舞伎役者として九代目『市川中車』を名乗っています。

 

また昆虫好きとして有名で、

Eテレの『香川照之の昆虫すごいぜ!』に出演していることでも話題になっていますね。

香川照之の画像

出典:BuzzFeed

そんな香川照之さんと行定勲監督の関係がネット上で話題になっていますね。

 

香川照之さんが出演した『ぴったんこカン・カンスペシャル』の番組内での発言が発端となったようです。

 

香川照之さんが学生時代にADのアルバイトをしていたそうで、

アルバイトを始めて一週間後に後輩として入ってきたのが行定勲監督だったそうです。

 

先輩である香川照之さんは行定勲監督に弁当の配り方など先輩面全開で教えていて、

命令口調でこき使っていたみたいです。

 

そして10年後俳優として活躍している香川照之さんは、

行定勲監督に呼び出されたようで、そこで『昔TBSでADやってたっんだって。僕、君にずっと命令されていたんだよ』と言われたそうです。

 

『北の零年』など行定勲監督の作品に出演していた香川照之さんは、

「まあ、本番50回くらいやらされる。(雪山の撮影では)カットかけないから落ちるかと思った。『絶対オレの事を殺そうとしている』って」などと監督に復讐されているかのように番組で話していた。

引用:http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170416-OHT1T50245.html

と語っています。

 

これには行定勲監督も反論していて、

「香川照之さんの番組での発言。はっきり言って話盛られてます。『きみ、ちょっと』は「あの~、香川さん』だし、『本番50回』は『10回』だし、復讐で殺そうなんてしてないし....。まいりました」

引用:http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170416-OHT1T50245.html

と語っていました。

 

 

 

どっちのいっている事が本当のことかはわかりませんが、

2人の関係が早く修復されるといいですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます