2022年8月24日俳優の香川照之さんが銀座のクラブのホステスにセクハラに及び相手がPTSD(心的外傷後ストレス障害)を患っていたことが報じられました。

香川照之さんの相手ホステスとはどのような人物なのでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

香川照之のセクハラスクープの内容

今回のスクープについて「デイリー新潮」は以下のように報じています。

 俳優・香川照之が2019年7月、銀座のクラブでホステスに対して胸部を触る、キスをするなどの性加害に及び、被害女性がPTSD(心的外傷後ストレス障害)を患っていたことが判明した。

 

 その女性・美麗さん(仮名)はトラブル翌年の20年5月、香川の暴走を止められなかったという理由で、クラブのママに対して損害賠償の請求訴訟を起こした。

 

 東京地裁に提起された訴訟自体はすでに昨年、取り下げられているが、手元にある訴状によると、香川は19年7月に、銀座の高級クラブを訪れていた。

 

香川は来店当初それほど酔っておらず、陽気に盛り上げ役に徹していたという。しかし、徐々に様子がおかしくなり、ホステスのドレスに手を突っ込んでわきを触り、匂いを嗅ぐなどの行為に及んだ。そして、極め付きが美麗さんをターゲットにしたセクハラだったという。

引用:デイリー新潮

デイリー新潮の報道によると被害者は銀座のクラブに勤めていたホステスの女性・美麗さん(仮名)のようです。

ホステスの証言によると服の中に手を入れ下着を剥ぎ取るなどの行為が行われていたという。

ただこの報道には疑問が生じているのも事実です。

スポンサーリンク

なぜか香川が提訴されていない

記事によると今回はセクハラ被害でホステスの美麗さんは

香川の暴走を止められなかったという理由で、クラブのママに対して損害賠償の請求訴訟を起こした。

とされています。

しかしセクハラの張本人である香川照之は提訴されていないことに違和感を覚えます。

これについてネット上でも様々な憶測がされており

 

・金で話をつけたんだろうな

・また香川からむしり取ろうとしてる

・新潮の記事は話付けられなかったのか

 

などの書き込みがあります。

 

また示談の和解が成立した可能性が高いにも関わらず、週刊誌に記事が上がったことに疑問を感じるとの指摘も。

香川の訴訟取り下げって事は示談の和解って事だろうがその時この事は一切表に出さないって取り決めもしたと思うが女が店側を訴えて結果的に香川の件も表に出たんだろうけど、女は香川に訴えられるのか?

 

ネット上では美人局を疑う声も

今回の報道は被害者ホステスの主張のみによるものであるため、香川照之さん側の主張などは入っておらず偏った内容になっています。

さらに所属事務所に取材申請や質問状も送っているようだが、回答を得られていないとのこと。

香川さん側から今後どのようなアクションがあり、どういった主張があるのかもしっかり吟味してから今回の件を判断したいところです。

スポンサーリンク

被害者ホステス・美麗は誰?

被害者であるホステスの美麗さんとはどのような人物なのでしょうか?

香川照之さんは2018年9月にホステスの女性との熱愛を報じられています。

女性自身が報じたもので熱愛相手とされるA子さんは高級クラブに務める30代前半の女性で、女優の永作博美さんににているとのことです。

A子さんはお店でもNo.1の人気だったようで、仕事が終わると香川照之さんの自宅マンションにタクシーで向かう姿が目撃されていました。

 

2人の交際がささやかれるようになってから和服の着こなしがうまくなり、将来の梨園の妻になるのではとも言われていました。

 

今回の報道と共通する点はともに銀座の高級クラブだということ。

熱愛が報じられたA子さんと被害者ホステスが同一人物なのかは分かっていませんが、同じ界隈で起きた出来事であることは間違いなさそうです。

ネット上の反応

取り下げられた訴状をもとに話をするのは危険です。

もちろん取り下げた理由が裁判外で和解したという場合もありますが、訴えの内容に整合性が見られないことから原告の主張が続かず、結局取り下げたと言うことも考えられます。

見ていたという人の証言同じで、その証言が裁判でなされていれば裁判は続行しなんらかの判決が出ている可能性が高いと思われます。

判決なり和解調書なりが作成されなかった取り下げた裁判記録に信憑性はないのです。しかしもしこの件が本当なのであれば、これから証拠を積み重ねて追求していくべきでしょう。

 

にわかに信じがたいですが、事実なら責任重大だと思う。梨園いよくある芸の肥やしみたいなことはして欲しくなかったと思う。被害者に誠実に対応すれば事実を認めたことになり、厳しい立場に追い込まれそう。そうなると好感度は元に回復するのは難しいという気がする。

 

香川の暴走を止められなかったという理由で、クラブのママに対して損害賠償の請求訴訟を起こした。
訴訟が起こされたという事実は非常に大きい。しかも有名人を的にかけたのではなく、店舗経営者に対し店側の対応に対する訴訟であるのは、ある種真実性があるかのように見える。
酔っ払いが来るのが前提のお店であり、キャストを守るのは店側ってことを考えれば至極まともな訴訟であり、訴訟に至るというのは店側が生贄にしたような場だったのかな?
酒の場であることなどを考えりゃ、香川氏がどういう人かプライベートは全く存じ上げないが、あり得ない話じゃないだけに、この記事に対してどう対応されるんでしょうね。事実無根と声を挙げるのか無視するのか。

 

衝撃的な見出しですが「そもそも香川照之さんに対しての訴訟ではない」「しかもすでに取り下げられている」という事実を冷静に見つめるべきかと思います。何しろ訴状というのは、意外と荒唐無稽なことが書いてあっても要件を満たしていればいったんは受理されるものなんですよ。個人的に知っている例だと、知り合いのマンションの管理組合に嫌がらせで何回も意味不明な訴えをしてくる区分所有者がいるんですが、すべて1回は受理されて手続きが進んでました。ただの嫌がらせなので審理に一切出てこず、すべて負けてるようなんですが。こういった事例もあるので、訴状があるからといって、そこに書いてあることに事実があるかは分かりません。何一つ真実が書いてなかったとしても、訴えることはできます。負けますけどね。

引用:Yahooニュースコメント欄

 

最後まで読んでいただきありがとうございます