2022年8月23日に週刊文春によって報じられたのは岸田総理と統一教会との関係を裏付けるものでした。

岸田総理の後援会長を勤めていた中山峰男氏が旧統一教会の関連団体の議長だと報じられたのです。

 

いままで統一教会との関係は「ない」と表明し、統一教会との関係を洗い流すための内閣改造に踏み切った岸田総理はどうなるのでしょうか?

中山峰男とはどのような人物なのでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

中山峰男後援会長が統一教会関連団体の議長だと報じられる

中山峰男と統一教会の関連について「文春オンライン」では以下のように報じられています。

統一教会(現・世界平和統一家庭連合)との関係性を踏まえ、内閣改造に踏み切った岸田文雄首相(65)。自身の後援会長が、統一教会の関連団体で議長を務めていることが「 週刊文春 」の取材でわかった。首相はこれまで「私個人は教団と関係はない」としていた。

 

 岸田首相は8月10日の記者会見で、内閣改造にあたり、「国民の疑念を払拭するため、閣僚に対し、当該団体との関係を点検し、その結果を踏まえて厳正に見直すことを言明し、それを了解した者のみを任命した」などと述べていた。

 

岸田首相の後援会長とは、崇城大学(熊本市)の中山峰男学長。2020年7月31日に発足した「熊本岸田会」会長を務めている。

引用:文春オンライン

総裁選での勝利を目指していた岸田総理の重要地域とされていた熊本県での党員の票集めに奔走し尽力したのが中山峰男後援会長である。

河野太郎氏有利とされていた総裁選でしたが、熊本の1票が岸田総理に入ったことが大きく影響し自民党総裁の座についたのです。

スポンサーリンク

中山峰男のプロフィール

中山峰男とはどのような人物なのでしょうか?

中山峰男のプロフィール

【名前】:中山峰男

【読み方】:なかやまみねお

【出身地】:熊本県玉名市

【生年月日】:1947年9月22日

【年齢】:74歳(2022年8月現在)

【趣味】:ゴルフ

【学歴】:熊本大学卒業

 

熊本生まれ熊本育ちであり現在まで熊本県の様々な役職に就いている人物です。

1947年生まれの74歳であり趣味はゴルフとのことでした。

2020年3月にはYou Tubeチャンネル「J:COMチャンネル ご当地人図鑑」の「熊本人図鑑」に出演しています。

スポンサーリンク

中山峰男の経歴

中山峰男の経歴について書いていきます。

熊本県玉名市出身で父親が高校の校長を務めていた。

出身高校は熊本県立済々黌高校。小学校~中学校と勉強が苦手だったが高校入学を目指して猛勉強をしたと語っています。

  • 熊本大学興行部を卒業
  • 積水化学工業入社(1971年)
  • 学校法人君が淵学園に入職(1980年)
  • 法人課長に就任(1989年)
  • 崇城大学専門学校校長に就任(1993年)
  • 同校の法人局長に就任(1997年)
  • 君が淵学園理事長に就任(2003年)
  • 崇城大学学長に就任(2003年)
  • 文徳学園理事長に就任(2003年)

 

統一教会との関係は2011年からであり中山峰男は「日韓トンネル推進熊本県民会議」の議長に就任している。

日韓トンネル構想とは、統一教会の教祖・文鮮明氏が提唱したプロジェクト。統一世界実現のため、日本と韓国をトンネルで結ぶという壮大な計画だ。全長は200キロで、総工費は10兆円に及ぶとされる。

実際、佐賀県唐津市では1986年に調査斜坑が起工された。ただ、現在までに500メートル程度の長さのトンネルが掘られたに過ぎない。

引用:文春オンライン

2015年2月23日に熊本市にて同県民会議の総会を開き中山峰男は「今年は日韓国交正常化50年にあたるが、日韓の政治関係は冷え込んだままだ。日韓トンネル開通のためにも両トップが早期に会談し、親密な関係を築いてほしい」と挨拶をしてます。

2016年には総裁である韓鶴子が来日しトンネルを視察している。

 

 

この様子は世界平和統一家庭連合のニュースブログにも掲載されており、日本語のページも完備されている。

2019年11月30日にテレビ熊本の「Live News days」の番組内で「日韓トンネル推進熊本県民会議」の勉強会が行われ勉強会の内容が放送されています。

 

2019年からは「熊本岸田会」の後援会長に就任。

統一教会との関係は「ない」としていた岸田総理の後援会長が教会幹部だった。

スポンサーリンク

ネット上の反応

もう岸田さんも言い逃れとかのらりくらりはできないし、この問題と本気で向き合わあかんと思うねん。
これだけ国民に疑念を持たれたら、今後どうやって日本社会においてカルトを規制していくか、被害者をこれ以上出さないためにどうすべきか、考えて実行に移さなあかんやろ。

よく言われるようにフランスの反セクト法的な、宗教に限らず反社会的な団体を規制する基準を作るとか、
宗教法人の違法行為に対して組織として摘発できるようにするとか、
現状野放しになってる悪質な団体に対してどう対処するのか、その本気度が問われるで。

この問題何でみんながこんな騒いでるか言うたら、身の周りにこんな団体があったら、普通に生活していく上でもこわいやん。
国民の生活にとってもリスクになる団体を野放しにしないていう意味でも、岸田さんは本気になってもらわな困るで。

 

統一教会とは一切関係がないと公言していた岸田総理までも何らかの形で繋がりがあったということになれば、全く関係がない自民党議員を探すことの方が難しいのではないか。ということは、個人個人の問題でなく、党の組織そのものが、個人一人一人が知ろうが知ろまいが、見えない糸で操られているのが実情でないのだろうか。
考えてみれば恐ろしいことである。政権与党である自民党に韓国を起源とする宗教団体が見えない力で影響を及ぼしているとすれば、日本の国はどの方向に向かって進んでいるのか、本当に岸田総理が自分は潔白だと信じているのならば、本腰を入れて本来の日本の進むべき進路に戻してほしい。安全で安心な日本であるために。

 

日本にとっては何のメリットもないと思うし、トンネルで繋がったところで、彼らが揉め事を起こすのはやめないと考えられるので問題は無くならないと思う。彼らが検討するのは自由だし反対はしませんが、NO JAPANならNO 日本とのトンネルですから、首尾一貫させるべきだと思う。そもそも統一と自分もベッタリの腰抜け岸田は関係改善待ったなしとか友好を基本とする前提を見直すべきだと考えます。現状で日本に何か不都合でもありますか?何もないと思います。向こうがアダムでこっちがエバとか相手が戯言を言っているのに相手にしない方が良い。海底トンネルや通貨スワップだけは絶対推進してはいけないと考えます。もし推進したら政権を失うと思った方が良い。

 

ついに出た。さすが文春。完全に勝負あったって感じで吉報。

これで岸田自身が丁寧な説明をせざるを得ない状況になった。
岸田に時間を与えてしまう事にはなるが、オンライン会見ではなく顔を突き合わせての会見をさせるべき。絶対に対面会見が必要。

小心者の岸田は記者を目の前にすると言葉がスムーズに出てこないし、表情で内心を探る事が出来る。

自身の後援会会長の事を「素性をよく知らない人物」とは流石に言えないだろうから、何と答えるか・・。
自身の教会との関係はない、と断言しているし、知らない・解らない・忘れた・秘書が勝手に・・・は通用しない。

文春には更なるスクープを期待したい。

引用:Yahooニュースコメント

内閣総辞職しろとの声も

この報道が拡散されるとネット上では「内閣総辞職」しろという声も多く上がっており、岸田政権にとって大きな逆風になりそうです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます