群馬県前橋市の自宅兼設備会社の敷地内でフォークリフトで持ち上げたパレットにベルトを掛けてブランコのようにして遊んでいた所、落下し作山由奈(さくやまゆな)さんの頭を直撃する事故が起きました。

その後作山由奈さんは搬送先の病院で死亡が確認されています。

事故原因や設備会社の名前は報道されているのでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

事件の報道内容

今回の事件について「テレ朝news」は以下のように報じています。

前橋市の会社兼住宅で、父親がフォークリフトで持ち上げていたパレットが落下して8歳の娘の頭に当たり、娘は死亡しました。

 

28日午後4時50分ごろ、前橋市堀越町の会社兼住宅の敷地内で、この家に住む作山由奈さん(8)が、父親がフォークリフトでおよそ3メートルの高さに持ち上げたパレットにベルトを吊るしてブランコのようにして遊んでいたところ、パレットが落下し、由奈(ゆな)さんの頭に当たりました。

 

父親から連絡をうけた母親が消防に通報し、由奈さんは病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。由奈さんと一緒に遊んでいたきょうだい2人にけがはありませんでした。

引用:テレ朝news

落下したパレットは木と鉄でできており重さは約300キロあったということです。

父親から連絡を受けた母親が消防に通報したということですが、まさか自宅の敷地内でこのような出来事が起こるとは思っていなかったでしょうか。

作山由奈さんのご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク

父親の実名報道や顔画像は?

一緒に遊んでいたきょうだい2人にケガがなかったことが不幸中の幸いですがあまりにも痛ましい事故です。

今回の事件で父親の過失があるのか定かではありませんが、現時点で父親が逮捕されたという情報はありません。

したがって実名や顔画像などは判明していないものですが、今後なんらかの罪状で父親が逮捕される可能性は否定できないものです。

新たに父親の実名や顔画像などが判明次第、記事を追記していきます。

当初は父親の過失による事故により逮捕されるのではと言われていたが、一向に警察に動きがないことでネット上での父親や住所の特定作業が加熱していました。

 

自宅兼会社の映像が放送されたことで会社の住所が判明しており、そこから父親の顔写真や会社名なども特定されています。

当サイトでの公開は差し控えるが、顔写真は作業着を着たがっちり体型の笑顔の中年男性が写っており、会社は複数の経営者と共同で経営しているようです。

ネット上に顔画像や会社名などの情報が公開されている場合があるかもしれないが、作山さん家族に危害が加わる可能性があり公開するのは控えるよう注意が必要だ。

スポンサーリンク

作山由奈ちゃんについて

事故に遭った作山由奈ちゃんはどのような人物だったのかまとめてみました。

作山由奈のプロフィール

【名前】:作山由奈

【読み方】:さくやまゆな

【住所】:前橋市堀越町

【年齢】:8歳

【小学校】:前橋市内の小学校

家族構成は報道によると父親、母親、きょうだい2人の5人家族とされています。

普段から自宅の庭でバーベキューをするなど仲が良い家族だったようです。

一部の情報では父親は離婚しており、通報した「母親」は作山由奈さんの祖母だというツイッターの情報もありますが、確証が得られるものではないため注意が必要です。

スポンサーリンク

設備会社の住所はどこ?

今回の事件が起きた住宅兼会社の場所はどこだったのでしょうか?

現時点で報じられている内容をまとめてみました。

・群馬県前橋市堀越町

・住宅兼住宅設備会社の敷地内

・キッチン設備会社

・父親が会社の代表を務めている

一体住宅設備会社とはどこなのでしょうか?

前橋市堀越町にある経営者が「作山」姓である設備会社を調べてみると、条件に該当する会社がありました。

 

・代表者の名前が作山姓

・所在地が前橋市堀越町

・住宅内装の設備関連の会社

 

そこには代表者の名前や顔の写真も掲載されており、住宅設備の会社の情報通りの業務内容が記載されています。

会社名や住所なども記載されており、今回事件のあった設備会社である可能性はかなり高いものと思われます。

 

しかしながら、会社名や父親の実名などが報道されていないため、別人であるという可能性が完全に排除できないものであります。

また作山由奈さんとこの会社の社長との関係が親子ではなく、同姓の親戚であるという可能性も払拭できていません。

そのため現時点では父親の画像や設備会社の名前等の情報は掲載しないものとします。

事故原因は?

イラスト

今回の事故原因とはなんだったのでしょうか?

現在警察が取調べ中であり事故原因については報道されていないためうかがい知ることはできません。

 

フォークリフトにブランコを吊るして遊ぶだけでもかなり危険な行為ですが、よほど事故が起きない確信が持てるほど整備に自信があったのでしょうか。

ネット上では原因について以下のような推論が挙がってます。

 

・子供が喜ぶからって前後上下に動かしてたんだろうな…

・重機の取り扱いに慣れちゃって麻痺してたのかな

・リフト扱ってる人間からすると危険しかない遊び方なんだが

 

この事故の場合はパレットが落下した原因も当然重要だが、父親が子供たちを重機で遊ばせていた経緯がさらに重要になってきます。

事故当時作山由奈さんは下図のような遊び方をしていたとのことですが、ブランコのように遊んだのは今回が初めてだったと報じられています。

フォークリフトを日常的に使っている人物にとっては身近な乗り物になってしまい、危険だという認識がなかった可能性もあります。

また自宅兼仕事場だったことで重機は危険という危機感が薄れていたことも推察できます。

いずれにしても規制や認識の改めなどにより、今後このような事件は二度と起きてほしくないはない思いです。

同様のフォークリフト事故

今回のようにフォークリフトが原因で子供が亡くなる事故は何度も起こっています。

2018年5月には兵庫県佐用町の自動車修理会社で、父親(43)が運転するフォークリフトに5歳男児が飛び乗るも作業を続け、転落した男児をひいて死亡させた。

参考サイト

https://www.sankei.com/article/20180504-KUID6SKJPZOEXEPNEX3PUPVH2Y/

2021年1月には滋賀県守山市で父親が運転するフォークリフトの先端に娘2人を乗せて遊ばせていたところ、転落し下敷きになり6歳の女児が死亡しています。

参考サイト

https://www.asahi.com/articles/ASP146DKFP14PTJB009.html

いずれの事故も父親がまだ幼い子供をフォークリフトに乗せるなどして起こっている悲劇です。

長年の運転経験からくる安全管理意識の認識が甘くなった結果や、子供の前でフォークリフトの運転を見せつけようとする見栄も原因としてはあるのだろうか。

いずれにしてもこのような悲しい事故は二度と起きないよう徹底してもらいたいものです。

ネット上の反応

イラスト

純粋に子供が喜ぶと思って、やったのだろうという想像がつきます。
しかし、重機は遊ぶために作られているものではないし、
近くに人がいないことを想定して使われるものだと思います。
しっかりと点検していのかもしれませんが、
使い方を間違えていると、このような結果につながる可能性が高くなるのかもしれません。
「こんなことで遊ばなければよかった・・・。」というお父さんの気持ちが伝わってくるようで、胸が痛みますが。もっと慎重に考えて行動して欲しかったです。

 

何が起きたか分からないまま亡くなったであろう女の子が痛ましい そもそもフォークリフトはバック走行が多いしタイヤの通る位置の予想が難しい為、子供には近づいてはいけないよと教えるべき乗り物のはず 乗用車と違い同乗することもあり得ないのだから おそらくブランコでの揺れに負けない為に重いパレットを使ったのだと思うが、大人でも荷物の下に入らないこと、そして子供は近づかないことを守らなければいけない SNSで軽トラの荷台にプール作っている写真があるが高さがあるのにヘリが低くあれも怖い 重機を使っての遊びはそれを所有しているという限られた人しかできない分、特別感があるかもしれないが遊びに使っていいものではない

 

クレーンやフォークリフトで持ち上げてる荷物の下に入らない。講習時に習います。仕事中もそう言うルールを守り、お互いが注意し合ってます。
それを大切な我が子にやってると言う事は、危険の認識が希薄だったのだと思います。
”子供を楽しませて上げたい”って気持ちは分かりますが、やり方が違います。
去年も経営者がわが子をフォーク部分に乗せて遊んでて、落ちて引いたと言う
悲惨な事故がありましたが、こう言う事故が無い様に、運転者は勿論・経営者も社会も厳しい目を向けて同じような犠牲者が出ないようにしていかなければならないです。

重機運転を一度受講したらずっと使える技能講習制では無く(むしろ講習受けてない者も乗ってもバレない)、5年更新制にして、重機運転中にランダム抜打ち確認など厳しい対応も必要かも知れません。
使用者や重機所有者には免許保持確認の義務付けも。

悲惨な事故が無くなりますように

 

輸送業で働いている者ですが倉庫での事故は大人でも結構あることです。
(だいたいは捻挫とか軽い物ですが)
死亡事故も少ないですがやはり発生しています。
数百キロのパレットということは貨物が載っている状態という事かと思いますが頭上にそのような貨物がある状態で遊ぶのは危険と思いますが慣れでやってしまったのでしょうね。
現場の方は慣れているので大丈夫と判断されるのでしょうが万が一の時は取り返しがつかない事故に繋がります。
重機を使わなくても貨物が倒れてくる可能性もあるなど現場は本当に危険が多いです。
子供の遊び場にしないように企業は徹底すべきだと思います。
本当に痛ましくて残念な事故ですが他でも同様の事故が起こらないことを祈ります。

引用:Yahooニュースコメント

 

最後まで読んでいただきありがとうございます