静岡県牧之原市の認定こども園で送迎用の幼稚園バスに取り残され亡くなった河本千奈ちゃん(3)

川崎幼稚園の理事長兼園長である増田立義の自宅にも家宅捜索が入るということで注目が集まっています。

増田立義とはどのような人物なのでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

河本千奈ちゃん死亡事故の報道内容

今回の事について「テレ朝news」は以下のように報じています。

5日、静岡県牧之原市の認定こども園の送迎バスに、3歳の女の子が置き去りにされ、その後、死亡しました。警察は6日朝、業務上過失致死の疑いで園などに家宅捜索に入りました。

 5日午後2時15分ごろ、牧之原市の川崎幼稚園の送迎バスの中で、3歳の河本千奈ちゃんがおよそ5時間にわたりバスの中に置き去りにされ、その後死亡しました。熱中症とみられています。

 6日午前9時、警察は業務上過失致死の疑いで、園と園長の自宅に家宅捜索に入りました。川崎幼稚園・増田立義園長:「捜査やるものですから」

県によりますと、5日は急きょ、園長がバスを運転していたということです。また、園児がバスを降りる時のチェックが行われていなかったということです。

引用:テレ朝news

 

警察は業務上過失致死の疑いがあるとして、理事長兼園長の増田立義の自宅も家宅捜索すると報じられました。

普段は専用のバス運転手がいましたが、この日は休むことになり急遽、増田立義が運転をしたとのことです。

バスには運転手の増田のほかに70代の派遣社員の女性スタッフが乗っていました。

 

女性スタッフ増田共に車内の確認をせずに車を降りており、河本千奈ちゃんが取り残されたことには気付かずでした。

増田立義とはどのような人物なのでしょうか?

スポンサーリンク

増田立義の顔画像やプロフィール

増田立義の顔画像はすでに報道されています。

 

警察が増田の自宅に家宅捜索に入る朝8時過ぎの様子です。

 

また川崎幼稚園のホームページにも顔画像が掲載されています。

 

 

増田立義の顔画像や経歴は「川崎幼稚園」のホームページに記載されています。

昭和24年(1949年)生まれの73歳であり、榛原高校(はいばら)→専修大学経営学部を卒業。

平成11年に50歳で浪速短期大学の通信教育学部保育科を卒業し保育の道に入ったようです。

 

増田立義のプロフィール

【名前】:増田立義

【読み方】:ますだたつよし

【年齢】:73歳

【住所】:不明

【職業】:川崎幼稚園 理事長 兼 園長

 

川崎幼稚園の園長兼理事長が増田立義だと記載されています。

学校法人榛原学園の創業者は増田秀夫という人物であり、現在の事務長を務める人物は増田多朗であることから、この法人は親族経営であると見て間違いないでしょう。

 

 

50歳で保育科を卒業している事を考えると、父親あるいは親しい親族が経営する榛原学園を継ぐために短大を卒業した可能性もありそうです。

増田立義の家族についての情報は詳しいことが分かり次第追記していきます。

スポンサーリンク

元運転手の証言

数年前まで川崎幼稚園の送迎バスの運転手をしていた人物は以下のように話しています。

今はどうかわからないが、当時は幼稚園で子供を降ろすと、運転手が忘れ物や落とし物がないか車内を回って必ず確認し、掃き掃除をしてから駐車場に車を戻していました。
運転席から見た場合、小さい子供が最後尾の席で寝ていたら気付かないかもしれないが、毎回見回っていたし、小さいバスだから子供がいれば必ず分かると思う

引用:FNNプライムオンライン

子供をおろした後、忘れ物や落とし物の点検から始まり、車内の清掃をしてから駐車場に車を戻していたといいます。

小さいバスで子供がいれば必ず分かるという言葉からも、少なくとも増田立義に限って言えば車内のチェックや清掃すらもしていないずさんな体制だったことが読み取れます。

 

また各クラスで出欠席をしっかりとり、無断欠席の家庭には連絡をするなどしていれば防げたことでもあります。

普段からそういったことがルーズだったことが浮き彫りになった事件です。

スポンサーリンク

会見で名前を間違え笑う

9月7日に行われた記者会見では、亡くなった河本千奈ちゃんの置き去り事件について詳細が語られる予定でした。

しかしながら、蓋を開けてみたら会見の内容がひどいと炎上するにまで発展しています。

会見冒頭では千奈ちゃんを「ちなつ」ちゃんとまさかの名前を把握していない事を露呈しています。

 

 

さらに会見中には「廃園になるかもしれないか!へへへ」と笑い、副園長とともに笑顔を見せるシーンもありました。

 

疲れたと愚痴を乗らしている音声が拾われたシーンもツイッターには投稿されています。

 

会見当初副園長が「疲れちゃった」と漏らしたとされる動画が拡散され炎上していました。

会見中に「疲れちゃった~」などと漏らしたとして、その切り取り動画が拡散され、非難の声が多く上がっていたのです。

しかし、こちらは千奈ちゃんが好きだった歌がなんだったのかを担任とやり取りしていたもので「おつかいありさん?」の聞き間違いだったと後に判明しています。

 

 

ツイッターには異常者でサイコパスといった厳しい声も上がっています。

 

ネット上の反応

イラスト

 

園児のバスの乗降の確認(たったの6人)
バスを施錠する前の座席確認
園児の出欠確認
どれも普通の幼稚園なら当たり前に行われているはずの確認業務が、ひとつも行われないとはどういうことなんでしょうか?
どれか一つでもやっていたらこの子は死ぬことはなかったはず。明らかに殺人ですよね。

ヒューマンエラーは起きるものというなら、どうして責任のある立場の人が最後に確認する体制を整えていなかった?
いや、教室で担任が出欠をとることさえしていなかったのが驚愕だった。恐怖ですよね…万が一園児が外に出てしまっていなくなっても気づかないわけですから。子供たちも親御さんも怖くて通わせられないと思う。
この園は今まで事故にならなかっただけで、ずっとこういう杜撰な保育をしていたのかもしれないですよね。本当に許せない。

この元運転手のやり方が一番、降車後、点検掃き掃除をしてから、駐車。この方法なら、絶対寝ている園児を見過ごすことはありませんねね。人間の目で毎回見回ること。ワイドショー番組で、人感センサーとか、スマホアプリとか、そんな機械より、人の目が一番安全だと思う。それにしても、欠席確認をなぜしないんだろう。休めば保護者に電話連絡で「今日は欠席なんですか」と尋ねれば、就業時間には助かっていたのに、とても残念だ。

園に着いたら、必ず最後尾の座席まで見回る習慣をつけるだけで防げる。忘れ物をチェックするためなどの意識づけをすれば良い。
あるいは座席を全て子供用のサイズに改造し、ヘッドレストをなくして子供が残っていれば運転席からでも見えるようにする。

ただ、これはこども園バスだから大問題になっているが、我が子を乗せていたことを忘れたお父さんが、子供を車に忘れて死なせてしまう事件はもっと頻繁に起こっている(定期的にニュースになっている)。想像も出来ないようなうっかりミスを防ぐシステムが必要かも知れない。

引用:Yahooニュースコメント

過去に隠蔽したとの証言も

川崎幼稚園のバス置き去りについてネット掲示板にある証言が上がっています。

 

川崎幼稚園卒園児の保護者ですが、以前もバス放置ありました。その時は大事に至らず、園内(一部の人のみ)しか知りませんがしっかり隠ぺいされています。怖いのでバス通園やめました。

 

この投稿によると以前にも同様に園児がバスに放置される事件が起きたが、その時は大事にならなかったという。

しかもあろうことか園内の一部の人間しか知らされておらず隠蔽されているというのです。

 

ネット掲示板の書き込みであるため確証となるものがなく、完全に信じる訳にはいかないが、今回の出来事を見てしまうと同様の出来事があってもおかしくないと感じてしまう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます