こんにちは。

新潟県で災害級の大雪が降る中、自宅前で雪に埋もれた状態で発見された車の中から女性の遺体が発見されました。

発見されたのは柏崎市に住む荒川紗夜嘉(さやか)さん27歳です。

 

 

荒川紗夜嘉さんとはどのような人物なのでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

報道内容

 

新潟県柏崎市できのう、雪に埋まった車の中から女性が心肺停止の状態で見つかり、死亡が確認されました。停電のため車内で暖を取っていて、一酸化炭素中毒になったとみられています。

記録的な大雪となっている新潟県では、広い範囲で大規模な停電が続いています。

こうした中、きのう夕方、柏崎市の住宅の前で雪に埋まった軽乗用車の中から27歳の女性が心肺停止の状態で見つかり、死亡が確認されました。

女性の自宅はおとといから停電していて、警察は車の中で暖を取っていてマフラーが雪に埋まり、一酸化炭素中毒で死亡した疑いがあるとみています。

引用:TBS NEWS DIG

 

連日報道されている新潟県での大雪で犠牲者が出てしまいました。

荒川紗夜嘉さんは自宅前の車の中で暖を取っていたと見られていますが、20日の夕方に心肺停止の状態で発見されました。

 

その後、病院に搬送され死亡が確認されました。

死因は一酸化炭素中毒と見られています。

 

中毒の原因はマフラーが雪に埋まったことで排気の行き場がなくなったことが指摘されています。

 

荒川さんの自宅は19日から停電が続いていたということです。

荒川紗夜嘉さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

荒川紗夜嘉さんのプロフィールや顔画像(写真)

イラスト

プロフィール

【名前】:荒川紗夜嘉

【読み方】:あらかわさやか

【年齢】:27歳

【住所】:新潟県柏崎市山澗

【死因】:一酸化炭素中毒

 

 

荒川さんが住んでいる柏崎市山澗(やまだに)は山側の地域で、平野部よりも多くの積雪が確認されています。

この地域は大雪で800台以上の車両が立ち往生しているため、物流がストップしています。

 

そのためスーパーなどでは食料が売り切れているほか、ガソリンの売り切れも目立っているのです。

スポンサーリンク

荒川紗夜嘉さんのSNS(Facebook,インスタグラム,ツイッター)は?

イラスト

 

荒川紗夜嘉さんのSNSはあるのでしょうか?

各SNSを調査するとFacebookで同姓同名のアカウントが確認されました。

 

居住地などの情報は記載されていませんが、友達の多くが新潟県や柏崎市周辺の人物だと確認されてます。

また投稿されたプロフィール写真や友達から年齢は20代半ば~後半だと推察できます。

 

名前が珍しい漢字であることから荒川紗夜嘉さんご本人のアカウントである可能性が高いです。

そちらには9月15日に投稿されたばかりの顔画像も投稿されています。

 

しかしながら同姓同名の別人である可能性もゼロではなく、本人である確証が得られないため、こちらでの掲載は差し控えさせていただきます。ご了承ください。

スポンサーリンク

荒川さやかさん死亡した原因はなに?

イラスト

 

発見された状況から「一酸化炭素中毒」と見られています。

なぜこのようなことが起きたのでしょうか?

 

発見当時、車はマフラーが雪で埋まっていたといいます。

また「エンジンが止まった状態だった」というのです。

 

車の暖房はエンジンを掛けないと温まらないため、ガソリンやバッテリー切れが原因で止まったと考えられますね。

 

一酸化炭素中毒の症状は

 

・頭痛

・めまい

・吐き気

 

など風の初期症状に近いため中毒に気付かない場合が少なくないそうです。

 

またYahooニュースのコメント欄では以下のことが指摘されています。

 

「もし雪の中で車が立ち往生し、車内でエアコンをかけたまま過ごすことになったら、エアコンの設定は絶対に『内気循環』にしてはいけません。必ず『外気導入』にしてください」

引用:Yahooニュースコメント

 

こういった状況では「外気導入」にしないと一酸化炭素中毒の危険性が一気に高まるというのです。

一酸化炭素はガスなどと違い匂いなどはほとんど感じないそうです。

 

意識があっても体が動かなくなり、そのまま昏睡状態になり死亡に至る危険なものだといいます。

荒川さやかさんも暖を取っている中で気付かない内に一酸化炭素中毒になっていったと考えられています。

世間の反応

イラスト

昔、北の国からっていうドラマで竹下景子さんが子役の吉岡秀隆さんと吹き溜まりに突っ込んだ時に、寒いけど窓を少し開けておくわよっていうやりとりがあった。

自分は雪国育ちではないけど、雪の中で窓を締め切るとガス中毒になるっていうことはそのドラマで頭に残っている。

雷でも停電するし、大雪の停電も致し方ないと思う。
なんでも電気で便利になったようだけど、石油ストーブも雪国では必要なんだと思う。

北の国からでも、地井武男さんの家が立て替えの際に全て電気にして、停電で困っていた。

これから車も電気になるが、停電すると灯油を売りにも来られないし買いにも行けない、結果家の中や車の中で凍死してしまうのかもしれない。

自然の力を前に、人間ができることなんて少ないんだろう。
雪が降るのは温暖化の影響もあるという報道を見た。
電気に頼って温暖化が進む。
どうしたものか。

自分は雪国で暮らした経験がない。知識としてなんとなく「マフラーが雪で埋まると一酸化炭素中毒で死ぬので一定時間ごとに雪かきをしなければいけない」というのは知っているが、雪かきも出来ない吹雪や寒波の時はどうするのか、何をすれば生き延びられるのか全く分からない。
人間が雪国で生きていくのは本当に大変だと思う。ほんの些細な選択で命を落としてしまう環境だと思う。
これをしなければ良かったのに、あれをしていれば助かったのに、と軽々しくは言えない。
いま寒波に襲われている方々が無事に春を迎えられるよう祈ります。

免許取りたての頃の大雪の日の体験談ですけど
外に停めておいた車に積もった雪を
払う作業をする前にフロントガラス
を温める意味で暖機運転を行ってから
作業を始め、終了してから車内に入ったら
車内に排気ガスが入ってきてました。
すぐに気が付いて車内換気をしたので
すがそれでも頭痛がしました。
ほんの数分だったのですが、一酸化炭素中毒の様な
症状が出て怖かったのを覚えています。
本当に危険なので
それ以降は必ず後方の雪の積雪の確認と
マフラー周辺の雪を払っています。

引用:Yahooニュースコメント