こんにちは。

東京都江戸川区船堀で工事中のマンホール内で爆発し、作業員1名が死亡する事故がありました。

事故の現場や亡くなった作業員の名前や顔画像について書いていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

江戸川区船堀でマンホール爆発事故

江戸川区船堀のマンホール事故について「TBS NEWS DIG」では以下のように報じられています。

京消防庁などによりますと、きょう午前11時すぎ、東京・江戸川区船堀の東京都水道局の工事現場で「何かが爆発した」と119番通報がありました。

東京都水道局などによりますと、排水関連施設のマンホール内、深さおよそ24メートルの地点で、男性作業員2人がはしごの交換作業をしていたということです。

50代の男性作業員が搬送先の病院で死亡が確認され、別の30代の男性作業員が一時閉じ込められ、その後、救急隊員に意識不明の状態で発見され、救助活動が続けられています。

警視庁は現場の状況を調べるなど、業務上過失致死の疑いで捜査しています。

引用」TBS NEWS DIG

引用:FNNプライムオンライン

 

記事によると事故は12月6日の午前11時過ぎに置きています。

工事中のマンホール内で爆発があり作業員の男性1名の死亡が確認されました。

 

また地下には男性作業員が取り残され、現在救助作業が続けられています。

現場のマンホール内はガスが充満しているため、消防隊員がガスボンベを背負い中を探索し、酸素が低下したら別の隊員に変わるという作業が続けられています。

 

 

15時ごろ地下に取り残されている男性に救助隊員が接触しましたが、男性の意識は確認できませんでした。

 

また亡くなった団男性はマンホールの外で発見されということで、爆風に巻き込まれマンホールの外まで飛ばされたと見られています。

スポンサーリンク

事故現場の住所はどこ?

 

マンホール爆発が起きた場所はどこなのでしょうか?

報道された内容をまとめると

 

・江戸川区船堀6丁目

・東京都水道局のマンホール

・都営新宿線船堀駅から南東約600メートルの住宅街

 

だということです。

 

またツイッターには以下のような情報が確認されています。

 

 

この情報から事故現場の場所が以下の住所だと判明しました。

 

住所

〒134-0091 東京都江戸川区船堀6丁目9

 

 

 

この現場は銀杏並木通りから1本入った細い路地であり、周囲にお寺が数軒ある場所です。

スポンサーリンク

作業員の名前や画像は?原因はなに?

イラスト

 

この事故で被害に遭った作業員は2名確認されています。

調査しましたが作業員の名前や顔画像は公開されていません。

 

死亡が確認された作業員は50~60代の男性作業員。

一報マンホール内で取り残されているのは30代の男性作業員です。

 

※追記

30代の男性作業員は現場から救助され病院に搬送されましたが死亡が確認されました。

 

作業員の2人は水道局の地下施設につなげるマンホール内のはしごを交換する作業をしていました。

原因についても不明なのが現状ですが、マンホール内から可燃性のガスが検出されているという情報があるのです。

 

となると事前にしっかり調査をしていればこの事故が防げた可能性も指摘されてます。

 

警察は「業務上過失致死」の疑いも視野に入れているということで、何らかの不手際が事故につながった可能性を示唆しています。

世間の反応

イラスト

地下鉄の排水設備に繋がるマンホールだそうで
有機物や微生物によるメタンガス発生が考えにくく
事前の検査を怠ったのではなかろうか

ガス検知器で測っていなかった?
防げたはずの事故のように思えます。
現場監督はちゃんと監視や指示をしていたのかな?
もしガスや硫化水素などが充満していたなら、換気もされていない地下施設だったのでしょう。

可燃ガスや酸欠は事前に調べると聞いたことがあります。

どういう経緯か分かりませんが、閉鎖空間での救助活動は助ける方も命がけになりますね。その上、狭い地下空間ですからね。

無事、救出されることを祈ります。

引用:Yahooニュース