こんにちは。

今回は講談師の「神田伯山」さんについて書いていきます。

 

 

12月23日に放送される「A-Studio+」に神田さんが出演されます。

 

 

神田伯山さんとは一体どのような人物なのでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

結婚した嫁や子供(娘,息子)の年齢や写真は?

 

神田伯山さんは2016年に古舘理沙さんと結婚をしています。

神田さんが33歳、奥さんが35歳での結婚でした。

 

お二人の出会い馴れ初めとは何だったのでしょうか?

結婚相手の古舘理沙さんは2011年に興行師として「寄席演芸興行 いたちや」を創業しました。

 

初めての興行で出演したのが神田さんであり会場は12人が満席のカフェでした。

当時は神田松之丞名義であり、この名前を見た理沙さんはどんなイケメンが来るのかと期待したそうです。

 

しかし実際に神田さんを見て「暗くてダサくてデブだった」と話しています。

 

妻:古舘理沙さんの写真はこちらです。

 

 

 

理沙さんは大学卒業後、出版社に就職し編集者として勤務するも、落語の魅力に魅せられて自らプロデュースする道を選んだのです。

 

会社設立当初は収入がほとんどなかったそうですが、2016年に結婚しこの歳に現在の「神田伯山」を襲名してます。

 

現在は制作会社「冬夏株式会社」の代表取締役で、You Tubeチャンネル伯山ティービィーも運営されてます。

伯山ティービィーはチャンネル登録者22万人、最も再生された動画は180万回を超えている人気チャンネルです。

 

スポンサーリンク

2人の子供の年齢や現在の画像は?

 

お二人には2018年9月にお子さんが誕生しています。

結婚から2年後になりますね。

 

子供の性別や画像を調べてみると、SNSなどでも子供に関する情報は一切公開されていないようです。

 

神田伯山さんは子供の性別を公表しなかった人物として話題になっている。

その理由として妻の理沙さんは以下のように話しています。

 

例えば、男の子だとしたら、伯山と同じ講談師になるのかとか、女の子であれば顔の美醜などについて、本人の意思と関係なくネットに書かれてしまうリスクは避けたいのです。

引用:https://dot.asahi.com/aera/2020103000009.html?page=1

 

また性別自体を本人が決めるものと考え、親が男の子とか女の子とかを決めつけないようにしているという。

 

 

お子さんのことを第一に考えた末の考えだったようです。

理沙さん自身もジェンダーの偏見が少ない環境で育っていて、セクハラさえも個人の問題として片付けてあまり考えなかったそうだ。

 

しかしながら落語という男社会で生きていく内に初めて良くも悪くも「オンナ扱い」され、理不尽な思いをしたことがその理由なんだといいます。

スポンサーリンク

弟子や師匠

 

神田伯山さんの師匠は「三代目神田松鯉」さんです。

2007年武蔵野大学を卒業後「神田松鯉」さんに弟子入り。

 

2012年二ツ目に昇進すると2018年には真打ちに抜擢。

2020年には「6代目神田伯山」を襲名しているのです。

 

師匠の神田松鯉さんは現在80歳で「落語芸術協会相談役」を務めています。

 

弟子は2021年11月に一番弟子の「神田梅之丞」さんが入門。

2022年4月には2番弟子の「神田青之丞」さんが入門しています。

 

お二人の弟子の画像はこちらです。

 

青之丞さんは入門したばかりのためか、顔画像などが「落語芸術協会」の公式ホームページにも公開されていませんでした。