こんにちは。

高知南警察署の50代の男性警視が報道機関の女性記者と飲食をした後に抱きつきキスをしていたことが発覚しました。

男性警視とは一体誰なのでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

男性警視セクハラの報道内容

高知南警察署の捜査幹部が、10月、高知市の路上で、県内の女性記者に抱きつくなどの不適切な行為をしていたことが分かりました。

不適切な行為をしたのは、高知南警察署で刑事官を勤めていた50代の男性警視です。関係者によりますと、男性警視は2022年10月、県内の報道機関の女性記者と高知市で飲食をした後、路上で抱きつき、キスをしたということです。

女性記者側から抗議があり、不適切な行為が発覚。県警は「事実関係について調査中」としていますが、11月下旬、男性警視を県警本部の警務部に異動させたということです。男性警視の言い分は明らかにしていませんが、異動の理由は「妻子がいるのにもかかわらず不適切な行為をしたため」だということです。

県警は「調査の結果次第で処分を検討する」とコメント。また、女性記者に対しての謝罪については「調査結果を踏まえた上で必要があれば対応する」としています。

引用:テレビ高知

 

高知南警察署で放送局の女性記者に路上で抱きつきキスをしたとして、県警が調査しています。

 

このセクハラ行為をしたのは刑事官を勤めていた50代の男性警視です。

関係者によりますと警視と女性記者は高知市内で飲食した後、路上で記者に抱きつきキスをしたということです。

 

男性警視は高知南署の署長、副署長、に次ぐポストに付いていた人物でした。

 

この警視は県本部の警務部に異動させたとのことです。

スポンサーリンク

50代男性警視は誰?実名+顔の写真は?

イラスト

 

セクハラ行為をした刑事官の名前や顔画像は公開されているのでしょうか?

これについて調べてみると以下の情報が確認されました。

 

協議会:委員 8名

警察署:署長、署長、副署長、会計官、生活安全官兼刑事官

 

情報参照元

https://www.police.pref.kochi.lg.jp/portal/docs/2022090600173/

 

高知南署の刑事官は生活安全官を兼任で勤めていたことが分かっています。

この「生活安全官兼刑事官」が誰なのか調査すると以下のサイトに男性警視の名前が確認されています。

 

情報参照元

https://www.kochinews.co.jp/article/detail/548843

 

そこには「任警視・高知南署生活安全官兼刑事官」との記載があり、その人物が実名で書かれています。

問題の50代警視は刑事官だと報道されています。刑事官とは署長、副署長に次ぐ幹部職で組織に1人が基本です。

 

この人物の顔画像は公開されていません。

 

しかしながら確認できたのはこの人物が令和4年4月の時点で刑事官を勤めていたという事実のみです。

今回不適切行為をした警視と同一人物だと確証がないことに注意が必要です。

 

そのため当サイトでの実名の公開は差し控えさせていただきます。ご了承下さい。

 

読者様につきましては情報の取り扱いや拡散には十分ご注意くださいますようお願い申し上げます。

世間の反応

イラスト

事実ならば異動で済む話ではないのでは。高知ではこのような事が許されているのでしょうか。この記事通りの内容だとすれば、これは完全な犯罪行為であり女性記者は被害届けを出すべきだが、それとも被害届けを出せない何か別の理由でもあるのだろうか。社会的に責任ある大人であれば被害者は被害は被害として届け出て、警察は高知ルールではなく日本のスタンダードな規準で処罰をする事が妥当だと思うが、時々このような不可解な処分があるので警察への信頼も揺らぎますね。

配転しておいて、調査か捜査後に処分を云々と言っておいて、示談に持ち込み軽微な処分か、証拠不十分でお構い無しで幕引きだろうと思う。警察は、昔から身内の事犯については、寛大と言うよりも揉み消しや隠蔽をする傾向が強いのは有名である。警視と言う事だが、世間知らずか天狗のキャリアならば、もっと甘い処分になるかも知れない。上が上ならと言う事にならぬように、厳しく律する事が必要ではないか!

個人も腐っているが、組織としても腐敗臭がします。

警視は、女性記者が告訴すれば刑事事件だけど、
警察付の記者だから告訴しないと足元を見て犯行に及んだ気がします。

県警が、女性記者に対しての謝罪については「必要があれば対応する」っていうのは、女性記者が告訴したら対応するってことだと思います。
告訴しなければ事件性がないから、
高知県警としてはもみ消して終わりってことなんでしょう。

引用:Yahooニュースコメント