こんにちは。

今回は人気Vtuberグループ「ホロライブ」の鷹嶺ルイさんについて書いていきます。

 

 

彼女の配信中でのある発言がYahooニュースでも取り上げられ物議を醸しています。

一体どのような発言をしたのでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

リスナーをATM発言?炎上動画の切り抜きアーカイブ

 

問題視されているのが12月18日に行われたYou Tube配信「雀荘ホロくらぶ杯」でのことでした。

ホロライブのメンバーがやけに振り込んでくるCPUがいたことについて他メンバーが

 

「なんかCPUがATMって言われているよ」

 

と発言しています。

 

その後、鷹嶺ルイさんの口から

 

「なんだろうね、ホロリスかな?」

 

との発言があったのです。

 

「ホロリス」とはホロライブのリスナーを略した呼び名です。

この流れでの発言から鷹嶺ルイさんは「ファン=ATM」と認識しているとされ炎上しているのです。

 

そのATM発言の動画がこちらです。

※発言のあった時間直前に再生するよう設定されていますのでそのまま再生してください。

 

 

実際の発言内容

・CPUがプレイヤーに振込む場面が多発

・リスナーから「CPUはATMかな?」とコメント

・他メンバー「なんかCPUがATMって言われてる」

・鷹嶺ルイ「なんだろうね?ホロリスかな?」

 

この発言により今まで応援してきたファンを中心に炎上し、彼女の発言を問題視する声が上がっています。

 

「マジ?鷹嶺ルイさん好きだったのに見損ないました」

「ファンあっての商売だし、客離れるでしょうに」

「ホロリス=ATMって思ってたんだ。がっかりした」

「これは養護できないかな。その後もヘラヘラ笑ってるし」

 

当該動画の翌日19日に鷹嶺ルイさんは以下の謝罪動画をアップしています。

 

 

謝罪動画の概要

・ホロリス=ATMと受け取られた発言について謝罪

・CPUが手加減して牌を振り込んでくれるという意味で「ホロリスかな」と言った。

・パッと思い浮かんだことを言ってしまった。

・ホロリス=ATMだというそういう意図はまったくなかった

・配信ですぐに気付いて説明するべきだった

・その場でそう思われると気付かずアーカイブを見直して誤解される発言だと気付いた。

 

鷹嶺ルイさんはこういった内容の動画で謝罪しました。

いずれにせよ不用意な発言だったことは認めており、今後とも活動を継続するようです。

スポンサーリンク

世間の反応

イラスト

どちらにも受け止められる内容ではあるとは思いますが、本人がどういうつもりだったのか、というより、ファンがどう受け止めるか、ということでしょう。
私はこの方を存じ上げないですが、普段からの視聴者なら、そういう発言をする人なのかどうなのか判断できるんじゃないかと思います。
それは彼女の発言が問題があるものなのか、という事実を判断するのではなく、彼女を信じられるか信じられないか、という判断です。
ストリーマーと視聴者の間には普段の発言や振る舞いで、信頼関係が存在します。その関係値が今回の結果になるんじゃないかと思います。
一番タチが悪いのは、騒ぎたいだけの部外者への対処ですが、それは運営が頑張るべきところでしょう。

リスナーをATMと表現するのは所謂アンチや外部の人間がお金を使うファンをバカにする意味合いで使うことが多い。
なのでこの言葉自体この界隈では良い印象の言葉ではないのは事実。
ただ普段から配信見てる人は分かると思うけど、ご本人が言ってるように今回は色々な流れがあって誤解につながる発言になったので悪意ある見方はしないほうがいいと思う。

Vをあまり見ないしこの人の事も一切知らないが話の流れでファンをATM扱いしてるとは取れない。普通にファンだから忖度で振り込みまくってATM状態になってるのかな?という発言としか思えなかった。麻雀じゃない場面なら荒れても分かるが一連の流れと麻雀という競技上普通にそういう意味合いだろうと理解できる。いくらなんでも理解力が無さすぎるだろう。

引用:Yahooニュースコメント