みなさん、こんにちは。

かねてより報じられている、大阪八尾市亀井町の発砲事件で、撃たれた犯人が死亡しました。

 

その際に犯人の実名が報道され、住所不定・石橋健太容 疑者(41)だと報じられました。

石橋健太の生い立ちや家族構成について調べてみました。

 

また職業が塾講師という情報も得られているので、検証してみます。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

事件の報道内容

 

大阪府八尾市で13日、盗難車とみられる車を運転中にパトカーに衝突するなど暴走して大阪府警八尾署員に発砲されて死亡した男について、同署は14日、住居、職業不詳の石橋健太容疑者(41)だと発表した。府警は遺体を司法解剖して詳しい死因を調べる。

府警によると13日午後1時20分ごろ、大阪市平野区加美南の路上で、盗難車として手配中の乗用車を同署のパトカーが発見。逃走したため追跡した。約3分後、八尾市亀井町の交差点で、車がパトカーや周囲の車に繰り返しぶつかってきたため、パトカーに乗っていた同署地域課の男性警部補(47)と男性巡査長(26)が警告した上で運転席に向けて2発ずつ発砲。少なくとも銃弾1発が石橋容疑者の上半身に命中した。

車は信号機の柱にぶつかって大破して停止し、同署は石橋容疑者を公務執行妨害容疑で現行犯逮捕。その後釈放したが、搬送先の病院で死亡した。車は今年に入ってから大阪府外で盗まれたものとみられる。

府警は発砲が適切だったかを含めて詳しい経緯を調べている。

引用:産経新聞

 

13日の大阪府八尾市亀井町1丁目で起きた発砲事件。

容疑者の男は、警察が職務質問を求めるも逃走。

 

大阪市平野区加美南で盗難車に乗る犯人をパトカーが発見。

そこから約1.6キロ、時間にして3分逃走し、八尾市亀井町の交差点に到達しました。

 


一般の車両やパトカーなどに衝突させながら逃走していますが、そのスピードは100kmを超えていたそうです。

 

 

通行中のトラックに衝突し尚も、逃走しようとした危険運転のため、警察官2人が2発ずつ、合計4発発砲しました。

 

そのうちの2発が、犯人の腹と肩に当たり犯人は緊急搬送されましたが、その後死亡が確認されました。

 

犯人の名前は公開されていませんでしたが、事件翌日になって死亡したのは住所不定・石橋健太容疑者だと報じられたのです。

 

警察官が発砲したことについて、様々な意見がありますが、緊迫した状況から肯定する声が多い印象です。

 

 

石橋健太の職業や自宅住所はどこなのでしょうか?

スポンサーリンク

石橋健太の職業や勤務先は何?

石橋容疑者の職業については各メディアとも「職業不詳」と報じています。

そのため、公式上の職業は不明であり分かっていません。

 

しかしながら、石橋容疑者の職業について、ツイッターでは以下の情報が得られています。

 

 

このツイートは石橋の実名が報道された直後にツイートされたものです。

この内容が事実であるならば、石橋は「塾講師」として仕事をしていたようです。

 

ただ、犯人の職業が塾講師だという公式での情報は確認できていません。

そのため、あくまでSNSのイチ個人が発した情報であることにご注意ください。

 

これだけ世間の注目度も高いニュースですから、仮に「塾講師」であることが真実だとするならば、生徒や職場の同僚などから情報のリークがあってもおかしくはないでしょう。

スポンサーリンク

石橋健太の生い立ちは?

 

石橋健太の生い立ちはどのようなものなのでしょうか?

報道された情報などを調査しましたが、生い立ちについての情報は一切公開されていないようです。

 

ですが、調査が進み住所や職業などが判明すれば、同級生や近所の人のインタビューなどが流れることが予想されます。

 

石橋容疑者は大阪市平野区加美南の路上で発見されていることから、この近辺が出身地なのかもしれません。

 

その際に、どのような生い立ちなのかが分かると思いますので、情報が入り次第記事を追記しアップデートします。

スポンサーリンク

石橋健太の家族構成は?

イラスト

 

石橋の家族構成はどのようなものなのでしょうか?

41歳という年齢を考えると、結婚した妻や子供がいてもおかしくはないと思われます。

 

仮に未婚だとしても父親や母親が健在であると思われ、身元が確認され実名が報道されたことが、誰かしらの家族が身元の確認をしたという証明にもなります。

 

ただどのような家族構成であるにせよ、このような事件を起こし、死亡したことで悲しみの中にいることは間違いないと言えるでしょう。

 

家族や一般の通行人にまで危害を加えてまで、石橋容疑者が守ろうとしたものはなんだったのでしょうか。

 

今後の捜査の進展を待ちたいと思います。

世間の反応

イラスト

 

発砲により、市民への被害拡大が防止できたので、警察官の覚悟を決めた対応に感謝です。
とはいえ、犯人が逃げなければ、このような事態にはならなかったので、逃げ得を絶対に許さないためにも、米国のように車体をぶつけて停車させるなど、強硬的な手段を認める法律の制定を急ぐべきだと思います。

こういう案件には、やり過ぎだとか、警官の拳銃使用は慎重にとか言ってる方が当たり障りなく、聞こえが良いからね。。。
盗難ナンバープレートを付けて、パトカーの追跡から逃げ、パックさせて警官に突っ込んで来てる時点で完全な公務執行妨害っある。
ましてや、警官の身の危険を感じ警告しての発泡であれば、問題なしと判断されるだろう。
これが問題であれば、警官の拳銃携帯に発泡は禁止すれば良い!
使えない拳銃など携帯していると、奪われたりして、第二第三の事件に発展する。
実際にその様な事件は度々過去にあった。

警告もして威嚇射撃もして発砲しているのだから何ら問題無い。
これが問題なら警察が所持する拳銃はモデルガンで充分と言うことになる。
拳銃使用のニュースよりも犯行についての詳細や犯人の身元詳細、共犯者の有無、余罪等をニュースにして欲しい。

引用:Yahooニュースコメント