こんにちは。

福島県福島市の繁華街の路上で男性が顔を殴られるなどの暴行を受け、死亡した事件が発生しました。

この事件で逮捕されたのは会社員の栗原明容 疑者(25)と会社員の篠木正元容 疑者(25)です。

容疑者の2人は一体どのような人物なのでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

事件の報道内容

 

先月31日,、福島県福島市の繁華街で20代の男性の顔などをなぐりけがをさせた疑いで1日、25歳の会社員の男2人が逮捕されました。
殴られた20代の男性はその後死亡が確認されました。

傷害の疑いで1日逮捕されたのは、福島市大波の会社員栗原明容疑者(25)と福島市飯坂町の会社員篠木正元容疑者(25)です。
2人は先月31日午前4時ごろ福島市の「さんかく広場」で20代の男性の顔などをなぐり頭部に皮下出血などの傷を負わせた疑いが持たれています。

警察によりますと殴られた20代の男性は意識がない状態で市内の病院に搬送されましたが31日午後10時過ぎに死亡が確認されました。

警察によりますと2人は容疑を認めているということです。また栗原容疑者と篠木容疑者は友人である一方、亡くなった20代の男性について2人は「まったく面識はない」と話しているということです。

当時現場近くでは「大勢でケンカをしていた」という情報もあり、警察は飲酒によるトラブルがあったとみて当時現場に居合わせた人など複数の関係者から話を聞くなどして事件の詳しい状況を調べています。

引用:テレビユー福島

 

事件が起きたのは大晦日の先月31日の「福島県福島市」の繁華街でした。

20代の男性が男2人に顔などを殴られ意識不明のまま緊急搬送され、その後死亡が確認されました。

 

この事件で逮捕されたのは以下の2人です。

 

福島市大波「栗原明 」(25) 会社員

福島市飯坂町「篠木正元」(25) 会社員

 

2人は31日の午前4時頃に福島市の「さんかく広場」で男性の顔などを殴り暴行を加え死亡させたものです。

警察の調べに対して2人は容疑を認めていますが、亡くなった男性に対して

 

「まったく面識はない」

 

などと供述しているということです。

 

年末の繁華街で起きた悲しい事件。

大勢でケンカをしていたという目撃情報も入っており、3人の間になにが起きたのでしょうか。

 

死亡させるほど殴る必要があったのでしょうか。

スポンサーリンク

栗原明のプロフィールと顔画像

イラスト

プロフィール

【名前】:栗原明

【読み方】:くりはらあきら

【年齢】:25歳

【住所】:福島県福島市大波

【職業】:会社員

【容疑】:傷害の疑い

 

傷害罪の刑罰

15年以下の懲役、または50万円以下の罰金

 

栗原明の顔画像は公開されていないのが現状です。

今後の報道で写真が公開され次第、こちらでも掲載していきます。

 

家族や学歴/経歴/生い立ち/勤務先の会社などについても情報が判明し次第、記事を追記しアップデートします。

スポンサーリンク

篠木正元のプロフィールと顔画像

イラスト

プロフィール

【名前】:篠木正元

【読み方】:しのぎまさもと

【年齢】:25歳

【住所】:福島県福島市飯坂町

【職業】:会社員

【容疑】:傷害の疑い

 

篠木正元の顔画像は公開されていないのが現状です。

今後の報道で公開され次第、こちらでも掲載していきます。

 

家族や学歴/経歴/生い立ち/勤務先の会社などについても情報が判明し次第、記事を追記しアップデートします。

スポンサーリンク

事件現場について

事件現場は一体どこなのでしょうか?

報道をまとめると以下のような情報になります。

 

・福島県福島市の繁華街

・さんかく広場

 

この情報から「福島県福島市置賜町3」が事件現場の住所だと判明しました。

 

 

 

この場所は文字通り三角形の形をした広場で、ベンチが3つ設置された小さい広場です。

大通りに面しておりJR福島駅のすぐ近くで、繁華街の目の前でもある場所であることが分かってます。

 

周囲からは丸見えの場所であるため、午前4時とはいえ目撃した方は複数いると思われます。

自宅住所は?

2人の自宅住所はどこなのでしょうか?

栗原明の住所は「福島市大波」だと報じられています。

 

 

一方の篠木正元は「福島市飯坂町」だと報じられています。

 

 

二人の住む住所は事件現場から東部、北部に位置する場所であることが分かります。

年末に集めるために中心地である福島駅付近で集まって飲んでいたのでしょうか。

SNS(Facebook,インスタグラム,ツイッター)は?

イラスト

 

2人のSNSはあるのでしょうか?

各SNSを調査すると、多くの同姓同名のアカウントが確認できます。

 

その中で篠木正元という福島市出身のアカが確認できています。

ですが、大学卒業時期から犯人とは年齢が違うため同一人物ではないことが確認されました。

 

インスタグラムでは「篠木正元」の名前とともに、「福島」と生年月日と思われる「97.10.11」という数字が確認できます。

 

この人物は2023年1月現在で25歳になるため、犯人のアカウントである可能性も指摘されています。

ストーリーには卓球台の上に飛び乗り、破壊する様子が動画で投稿されているなど、暴力的な人物像だと考えられます。

 

またツイッターでも「篠木正元」名義の鍵アカが確認されており、後述する福島県の高校球児であると考えられます。

 

上記2つのアカウントが犯人を同一人物だと確認され次第、こちらでも掲載していきます。

栗原明については犯人だと思われるアカウントは確認されていません。

元高校球児か?

年末の暴行で男性を死亡させ逮捕された栗原明と篠木正元。

篠木正元について調査すると、この男が元高校球児だった可能性が浮上しているのです。

 

2015年の「福島民報」の記事で福島商業の野球部員のリストに「篠木正元」の名前があるのです。

記事が書かれた時点で高校3年生であるため、2015年で18歳。

 

2023年1月現在で25歳になる年代であることから犯人と年齢が一致するのです。

比較的珍しい名字や名前であることから、犯人と同一人物である可能性が高まっているのです。

 

情報参照元

https://www.minpo.jp/hsb/member/439

 

上記の記事には野球部員の顔が確認できる写真も掲載されていますが、犯人と同一人物だと断定される証拠は確認されておらず、情報の拡散には十分ご注意ください。

暴行の原因は?

男性を死亡させるほどの暴行を加えた理由とは何だったのでしょうか?

現時点では速報でのニュースであるため、犯行動機については今後明らかになっていくと思われますが、大勢で喧嘩していたとの目撃情報が確認されています。

 

犯行時間が明け方4時過ぎであること年末であることから、酒を飲んだうえでのトラブルだと思われます。

そうなると元はもっと大勢同士での喧嘩が最後3人だけ残ったのでしょうか。

 

Yahooニュースでは以下のようなコメントもあります。

 

最近、人間の凶暴化とキレやすくなってる人が増えた。互いに思いやりもない。身の程を弁えない。譲り合いも無い。相手をネットで叩いたり、やたらと相手を睨みつけたり、上からの対応、本当に行き辛い世の中だと思う。

引用:Yahooニュースコメント

 

コロナ禍で外出ができないことでストレスが解消できていない人が多いのかもしれません。

また殺害するほど殴るのは「喧嘩慣れしてない」との指摘もありますが、それに対して以下のようなコメントもあります。

 

喧嘩慣れしてれば良いということは全くなく、そういう人は人としてアウト。育ちが悪いです。
まともに育った人は子供のうちから「人を殴ったら負け」と厳しく躾けられてます。人を殴ったことがないという人こそがまともで幸福な人です。

引用:Yahooニュースコメント

 

酒だろうがストレスだろうが人を殴って死亡させているのは変わりません。

この2人は一時の感情に流された行動で、大変な過ちをしてしまったことに気付いてほしいですね。

世間の反応

イラスト

記憶や判断力がなくなるまでの飲酒、俗に言う泥酔を刑事罰にした方が良い。
泥酔した後トラブルを起こす、巻き込まれる可能性が高い。
裁判で故意を認定するのなら泥酔する時点でそれが可能性として予測できたと結論付ける、酒だけでなく薬物なども自分を暴走させることを罪とする法律は必要だと思う。
飲酒や薬物で故意が認定されず悔しい思いをした遺族は多い。
政府は統一教会など政党に関わることはすぐに取り組むくせに、こういった国民が是正を望むことはガン無視。
だから個人で自衛するしかない。
極論でいえば一人でいれば犯罪は起こらない。
人の数はトラブルの数でもある。
人の多い時期は繁華街を避けるなど必要以外は人流を避けることも大切だと思う。我が家も正月の身内数人集まっただけでもトラブル起こるのだからどうしようもない。

喫煙は健康に悪いと、禁煙が盛んに叫ばれています。でも、喫煙で喧嘩をしたり、交通事故を起こすことはありません。やはり、禁煙運動よりも禁酒(節酒)運動を広めるべきでは?。テレビでの酒類CMは制限すべきでは?

裁判になれば殺すつもりはなかったとか酔っていて覚えていないなどと言い訳するのだろうか。
人は殴られれば死に至る可能性があるのは当然であり感情を抑えられないことに問題がある。
どんな理由があろうとも人を殺めた罪は重く記憶とともに一生かけて罪を償わなければならない。

引用:Yahooニュースコメント