みなさん、こんにちは。

今回は歌手で女優としても活躍している森山良子さんについて書いていきます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryoko Moriyama(@ryoko5699)がシェアした投稿

 

1月23日放送の「徹子の部屋」に森山良子さんが出演されます。

歌手として50年以上一線級で活躍し、私生活では結婚と離婚,再婚を経験しています。

 

 

この記事では、元夫や娘さんの現在の画像、結婚歴や若い頃についても書いていきたいと思います。

それではどうぞ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

森山良子のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryoko Moriyama(@ryoko5699)がシェアした投稿

 

プロフィール

【名前】:森山良子

【読み方】:もりやまりょうこ

【出身地】:東京都渋谷区

【生年月日】:1948年1月18日

【年齢】:75歳(2023年1月現在)

【身長】:154cm

【血液型】:B型

【趣味】:読書、洋裁

【特技】:料理

【デビュー】:1967年

【事務所】:エンジェルソング

【レーベル】:ドリーミュージック

【学歴】:成城学園高校

 

歌手生活50年以上の森山良子さんは、2023年で75歳なんです!

とても70代には見えないほどおきれいですよね!

 

森山さんの本名は「相良良子(さがらりょうこ)」といいます。

 

お酒が好きで、かなりの遼を飲める酒豪なんだそうです。

酔うと人にマッサージしたくなる性格で、酔った勢いで薬局の前にある人形を自宅に持ち帰ったこともあるそうです(笑)

 

健康法としてブルーベリーやプロポリスのジュース、青汁などを飲んでいるそうです!

 

次は森山良子さんの経歴や若い頃などを見ていきましょう。

スポンサーリンク

森山良子の経歴や若い頃

 

1948年1月18日に東京都渋谷区で誕生した森山良子さん。

 

父親はジャズトランペット奏者だった「森山久」さん。

母親は元ジャズシンガーの「浅田陽子」さんという家庭で育っています。

 

父親はアメリカ国籍の日系2世だたっため、ハーフっぽい顔つきだと言われているんですね!

 

 

きょうだいにはお兄さんがいましたが、23歳の若さで他界しています。

 

両親が音楽関係者だったこともあり、4歳の時には歌手になりたいと思っていたといいます。

 

両親は音楽に特に厳しく、父親は鼻歌の音程やリズムも間違えは許してもらえなかったため、ときには数時間かけて直されることもあったそうです。

 

 

中学時代にはバンドを結成しボーカルを担当。

高校時代には友人とフォークグループを結成し、文化祭ではウエスタンを歌いました。

 

声楽家の「坂上昌子」さんの元で、中学生の頃からボイストレーニングを習っており、今でもお世話になっている人物なんだそうです。

 

歌以外に全く興味がなかったため、新聞や教科書など文字を読むのが苦手だったといいます。

そのためか、高校を1年留年して卒業しています。

 

 

森山さんが芸能デビューしたのは、1967年19歳の時に楽曲「この広い野原いっぱい」で歌手デビューしています。

 

デビューするきっかけとなったのは、映画監督の黒澤明さんの家をたびたび訪問しているときです。

歌手になりたいと聞いた黒澤さんが「うちの事務所でやってみる?」の言葉がきっかけで「黒澤プロダクション」所属でデビューしたのです。

 

 

1969年には楽曲「禁じられた恋」がミリオンヒットを記録し、「日本レコード大賞」の大衆賞を受賞。

この年に「紅白歌合戦」にも初出場し「歌謡曲の女王」と言われるようになります。

 

 

その後もヒット曲を連発した森山良子さんは、1983年にはドラマ「金曜日の妻たちへⅢ」で女優としても活動を開始しています。

 

BEGINとの合作である「涙そうそう」が話題になると、「さとうきび畑」「日本レコード大賞」で最優秀歌唱賞を受賞し、金賞、作詩賞と合わせて3冠を獲得しました。

 

 

近年も歌手活動を精力的に行っており、2023年1月15日には「ウクライナ難民支援プロジェクト」として、チャリティーコンサートを開催しました。

スポンサーリンク

森山良子の結婚相手,元夫の名前や画像

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryoko Moriyama(@ryoko5699)がシェアした投稿

 

森山良子さんは過去に2度の結婚と離婚を経験しています。

1回目の結婚は1971年5月のことで、相手は一般男性でした。

 

元夫は結婚当時23歳、森山さんも23歳での結婚でした。

上智大学理工学部に在籍していた人物で、1969年4月に行われた森山さんのコンサートが、出会いのきっかけだったといいます。

 

この時すでに森山さんは妊娠しており、ハワイで結婚式を挙げましたが、入籍はすぐにしなかったそうです。

その理由とは、元旦那の実家は鉄工所を経営する金持ちであり、息子は父親から高級車など欲しい物は何でも買ってもらっていた、いわゆるボンボンでわがままだったそうです。

 

 

歪んだ性格に耐えられなくなり、結婚から半月後には家を飛び出し、実家に帰り別居生活を送っていました。

 

実家で長女を出産し離婚を要求しましたが、元夫はなかなか要求を飲まなかったそうです。

そして、1975年3月にようやく離婚が成立しました。

 

元夫の名前については以下の情報が確認できます。

 

歌手の森山良子は学生時代あるいは卒業(上智大学?)と同時に同級生だった渥美某氏(?)と結婚し、すぐに離婚したと当時の週刊誌で読んだ記憶がありますが、すると、彼女はバツ2ということでしょうか?

引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1362685453

 

このカキコミによると元夫の名前は「渥美〇〇」さんという人物のようです。

しかし情報の真偽の程は不明で、これが事実ならば森山さんは一時「渥美」という名字になっているはずですが、そういった情報も確認できていません。

 

元夫は一般男性であるため、顔画像や職業などの素性は公開されていないようです。

スポンサーリンク

2人目の旦那の名前,画像や職業は?獄中結婚?

森山良子さんは離婚からわずか半年後の1975年9月に再婚をしています。

再婚相手は歌手の「ジェームス滝」さんです。

 

 

ジェームス滝さんの本名は「相良直嗣」さんであり、そのため森山さんの本名も「相良良子」となっているのです。

 

再婚の翌年になる1976年4月には第二子となる長男を出産しています。

ジェームスさんは森山良子さんのマネージャーを務めていた時期もありました。

 

結婚した時の記者会見では以下のように話しています。

前夫と別居していた4年間、人のことを好きになっちゃいけないと、無意識に自分を規制していた。

でも、気持ちを抑えることができず、離婚が決まらないうちに、再婚を考えるようになってしまった。

離婚が決まった時は本当に感無量でした。

 

このことから、お二人は離婚が成立する前からすでに交際していたということになります。

 

会見では「今度こそ死ぬまで一緒に頑張りたい」と意気込みを語りましたが、その後離婚しています。

旦那のジェームス滝さんは「滝良二」に改名し、歌手としての活動を続けています。

 

 

森山良子さんには「獄中結婚」というサジェストが確認できます。

ですが、調査しても結婚した2人とは獄中結婚ではないのです。

 

なぜ獄中結婚が話題に上がるのか調べると、以下のツイートが確認されました。

 

 

獄中結婚したのは歌手の「加藤登紀子」さんであり、2人が共演が多く同じ歌手で顔つきも似ているため混同している方が多いようなのです。

 

 

 

 

加藤登紀子さんは20代の頃に、学生運動のリーダーだった藤本敏夫さんと恋に落ちていました。

交際関係だった2人でしたが、藤本さんが「公務執行妨害」で逮捕され、中野刑務所に収監されます。

 

そんな時に加藤さんの妊娠が発覚し、周囲の猛反対の中、藤本さんと獄中結婚。

加藤さんは1人で第一子となる長女を出産したのです。

 

つまり森山良子さんと「獄中結婚」は関連性のないキーワードだと言っていいでしょう。

子供(娘・息子)と孫の名前や年齢,現在画像

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryoko Moriyama(@ryoko5699)がシェアした投稿

 

森山良子さんの子供は娘と息子がいます。

長女は1人目の夫との間に生まれた「森山奈歩」さんです。

 

奈歩さんは1971年12月5日生まれの51歳で、かつては歌手として活動していた時期もあります。

ウクレレコーラスデュオ「Petty Booka(ペティブーカ」に6年間在籍。

 

ソロデビュー後は「奈歩」の名義で歌手活動をしています。

娘の森山奈歩さんの顔画像はこちらです。

 

引用:森山良子さんインスタグラムより

 

2006年10月にはおぎやはぎの「小木博明」さんと結婚し話題になりましたね!

2009年1月23日には長女を出産され、現在14歳。森山さんにとっては初孫となりました。

 

2011年8月18日のラジオ番組には、奈歩さんがゲスト出演し話題になりました。

 

 

森山良子さんの長男は歌手の「森山直太朗」さんです。

長男は2人目の旦那「ジェームス滝」さんとの間に、1976年4月23日に生まれました。

 

両親が歌手ということもあり、大学時代には井の頭公園でギター片手にストリートライブをしていました。

2001年に楽曲「星屑のセレナーデ」で歌手デビューすると、「さくら(独唱)」が大ヒットを記録しました。

 

 

紅白歌合戦に初出場し「夏の終わり」「太陽」「生きとし生ける物へ」などヒット曲を連発。

46歳になった現在でも、一線級の歌手として活躍中です。

 

過去には森山直太朗さんが、父のジェームス滝さんをオマージュしたジャケット写真を発表し話題にもなりました。

 

 

2つのジャケットを比較すると、髪型や衣装、構図などかなり似ていることが分かります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は森山良子さんのプロフィールや経歴・若い頃、結婚相手の元夫や子供について書いていきました!

 

森山良子さん自身も両親が音楽関係者で、その歌唱力は確実に森山直太朗さんに受け継がれていますね。

 

お母さんもおばあちゃんも歌手ということで、お孫さんが歌手になるのかも楽しみです。

まだまだ現役歌手として、これからも活躍を期待したいですね!