ねぶた祭り・暴行事件【無加工暴力動画】犯人は誰?名前と顔画像が特定された?青森青年会議所

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

 

みなさん、こんにちは。

今回は青森県青森市で行われた「青森ねぶた祭り」について書いていきたいと思います。

 

 

ねぶた祭りは今月2日~7日に行われている伝統的な祭りですが、6日の祭り中に青森青年会議所の運行支援スタッフが、引手に対して暴行行為を行って物議を醸しています。

 

その様子は動画で撮影されており、SNSで拡散されています。

ねぷた祭りの暴力行為の犯人の男は誰なのか、加工なしの顔画像や名前特定、暴力動画のモザイクなしがあるのかも調査してまいります。

目次

ねぶた祭りで暴行事件,動画が拡散される

 

今月2日~7日までの間に行われた青森ねぶた祭りで、6日の夜の祭り中に暴行事件が発生していたことが判明しました。

 

その時の動画がこちらです。

 

 

こちらの動画を見ると、ねぶたの付近を歩いているスタッフとみられる男が、山車を引いている人物を殴っているのがわかります。

 

最初は手に持っていたうちわ・扇子のようなもので殴っていますが、次第にその暴力行為は平手で殴るようになっていきます。

 

しかも、1発ではなく左右のワンツーで後半にはグーパンチになっているようにも見えています。

 

殴られた男性の頭に身に着けていたものが落ちていることからも、その衝撃の強さがわかります。

しかも下に落ちたもの(手ぬぐい?)をこの男は足で踏み潰しています。

 

このような暴力行為が公衆の面前で行われたため、観客の間では様々な声が上がっています。

すでに犯人と引き手との間に和解が成立しているとのことですが、大勢の前で祭りを汚す行為であるため当人同士だけの問題ではなくなっています。

 

このスタッフは「青森青年会議所」の関係者だということで、同団体は謝罪文を発表しています。

 

 

ねぶた運行中における不適切行為に対するお詫び
平素は当会議所の活動に対しまして格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げ
ます。
当会議所は青森ねぶた祭の54回目の運行を終えたばかりでありますが、SNS
上で、運行支援担当者が、ねぶたの曳手をうちわ及び平手で殴打するような動画
が拡散されていることが判明いたしました。
事実確認したところ、8月6日の運行中に、運行支援担当2名(会員1名、ボ
ランティアスタッフ1名)が直前でねぶたが障害物にぶつかったことから、ねぶ
たの曳手6名(会員1名、ボランティアスタッフ5名)の気合を入れ直すという
気持ちで行なったということでした。しかし、この行為は決して許されないもの
であったと認識しております。
当事者間においては既に謝罪がなされ、それを受け入れられております。
市民の皆様、青森ねぶた祭を観覧していただいた皆様、そして運行関係者の皆
様に不適切な行動をお見せしてしまったことに運行団体として深く反省し、心
よりお詫び申し上げます。
今後は、同じような事態が二度と起こらないように管理・指導を徹底いたしま
す。
あらためてこの度は誠に申し訳ございませんでした。
公益社団法人青森青年会議所
理事長 石田 壮平

 

引用

「https://aomorijc.or.jp/wp-content/uploads/2023/08/20230808.pdf」

 

謝罪文によると、ねぶたが障害物にぶつかったことで気合を入れ直すために、暴力行為をおこなったとのことです。

 

そもそも気合を入れる意味での暴力行為もアウトですし、顔を動画の強さで殴ることで気合が入ると認識していることもおかしいですね。

 

気合どころかただ恐怖で無理やり動かすだけの行為で、決して自発的な行動ではありません。

 

こういった経緯で、青森青年会議所には多くの批判の声が上がっています。

殴られた被害者の相手は「ボランティアスタッフ」だったこともあり得ない行為です。

 

付き合いの長い自分の部下などではなく、下手をしたら数日前にあったばかりの相手を殴っていたのです。(もちろん付き合いの長い部下でも暴力はダメです)

 

SNSでは

 

・みんな酒が回って凶暴化するんだよな。オレも祭り中盤以降はよく殴られたわ

・酔っぱらいが暴れてるだけの動画

・完全に祭りハイだな。こういう人必ず1人いる

・青森青年会議所見たら入れ墨入った人ばっかりで心配してた

 

上記のような声が上がっていました。

祭り中は朝から酒を飲んでいる人物が多く、こういった暴力行為は決して珍しいものではないようです。

 

やられる側はたまったものではないですね。

これでは若い人の祭り参加が減っていき、伝統が潰える可能性も出てしまうというのに。

スポンサーリンク

犯人は誰?名前の特定は?

 

ねぷた祭りで暴行行為をした犯人は誰なのでしょうか?

名前や顔画像が特定されているのか調査しました。

 

ツイッター(X)では犯人ではないかというツイートが投稿されています。

 

 

投稿された写真は後ろ姿のみであるため、犯人の男なのか特定には至っていませんが、動画の男と髪型や色、背格好がかなり似ている人物です。

 

この投稿には犯人のものとされるインスタグラムのURLも記載されていましたが、すでにこのアカウントは削除されていました。

 

そのため、この人物のインスタ投稿は閲覧ができていません。

 

暴行を行った男は「青森青年会議所」の関係者だということです。

青年会議所の公式ホームページには会員一覧が掲載されています。

 

h ttps://aomorijc.or.jp/2023member/

 

上記の一覧には「ねぶた事業室」の人物の名前が8人記載されています。

ただ、ここに記載されているのは役職持ちの委員以上の人物であり、現場にたっていた男の名前はここにはないのではとの見方が大半です。

 

また、青森青年会議所のインスタはこの事件を受けて鍵垢となり閲覧ができなくなっています。

しかし青森青年会議所の公式HPにはインスタに投稿された写真・動画のサムネイルが8枚ほど掲載されています。

出典:https://aomorijc.or.jp/

 

写真を見るとねぶた祭の写真が投稿されていたことがわかり、犯人に繋がる情報があったのかもしれません。

鍵垢にしたのはおそらく批判コメントなどへの対策もあるでしょうが、公式Facebookの投稿も全て削除されているなど、この事件への青森青年会議所によるSNS投稿の削除がかなり早く対策していることがわかります。

 

犯人に関する情報は以上ですが、これはあきらかに暴行事件、状況によっては傷害事件ともなる重大な問題です。今後は刑事事件として扱われる可能性もあるため、犯人について情報が分かりましたら追記してまいります。

スポンサーリンク

世間の反応

イラスト

ねぶた祭りという全国的に有名な祭りで、かつ映像も残ってるからここまで大きく取り上げられて処分もされたけど
地域密着型の祭りで表に出ないこういう事例も山ほどあるんだろうな。
小さなコミュニティだと時代の流れを汲みとる、アップデートもなかなかされなさそうだし。

尊厳を傷つけたとか、参加自粛とかはどうでもいいんだけど、暴力事件が発生して証拠も残ってるんだから、刑事事件として処理するべきだと思うけどね。

刑事罰は?暴力行為でしょ。警察が動かないと。来年だけ?ずっと参加不可だろ?祭りでこういう行為は永久に追放で良い。2年後に出て来ても怖くて見たくもないです。祭りの存続の為にも厳罰をお願い致します。

昨今こうした祭り事のトラブルや問題をニュースで見かけることが多い。上げ馬神事、阿波踊り、岸和田だんじり、全国各地の花火大会等々。伝統文化として後世に伝えることはもちろん大切だが、それならば時代に合わせての見直しも必要だと思う。

引用:Yahooニュースコメントより

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次