こんにちは。

亡くなった患者の銀行口座から1930万円もの金をだまし取ろうとした疑いで医師の菊池美佐子容 疑者(44)が逮捕されました。

菊池美佐子とは一体どのような人物なのでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

事件の報道内容

今回の事件について「TBS NEWS DIG」では以下のように報じられています。

44歳の医師の女が、死亡した女性患者の口座から現金1930万円をだまし取ろうとしたなどの疑いで逮捕されました。

東京・国分寺市の病院に勤務していた菊池美佐子容疑者(44)は、担当していた90代の女性患者が今年6月に死亡したのち、女性の口座から現金1930万円をだまし取ろうとしたなどの疑いがもたれています。

警視庁によりますと、菊池容疑者は7月に、銀行の窓口で死亡した女性患者の妹に女性本人を装わせ、口座から送金しようとしましたが、妹は認知症を患っていて、菊池容疑者が何度も女性患者の名前を言い聞かせていたことから、不審に感じた銀行が警視庁に通報しました。

菊池容疑者は何らかの手段で女性患者の個人情報を知って犯行に及んでいて、「死んだ人の預金を払い戻すことが悪いことだと思わなかった」と容疑を否認しています。

引用:TBS NEWS DIG

引用:日テレNEWS

 

病院で亡くなった患者の養子になりすまして、口座から1930万円もの大金を引き出そうとした疑いで女が逮捕されました。

 

逮捕されたのは医師の菊池美佐子容 疑者(44)です。

一体どのような方法で亡くなった患者の預金を引き出したのでしょうか?

 

菊池容疑者は2022年7月7日に死亡した90代の女性の養子になりすまし、女性の妹を本人に偽って不正に預金を引き出そうとしたのです。

 

菊池容疑者は「養子になる予定だ」と女性の預金を引き出そうとしたが、本人の確認が取れないと断られています。

 

警察の調べに対して菊池容疑者は

 

「死んだ人の預金を払い戻すことが悪いこととは知らなかった」

 

などと供述し容疑を否認しています。

 

 

事件の時系列

・緊急搬送されてきた90代女性の主治医になる

    ↓

・女性が亡くなり資産(約2000万円)に目をつける

    ↓

・女性名義の預金の払戻請求書を偽造し提出

    ↓

・「近々養女になるものです」と言うも断られる

    ↓

・同日に女性の妹を女性のふりをさせ来店

    ↓

・不審に思った銀行員が警察に通報

 

 

医師の女が起こした驚きの事件。

菊池美佐子のプロフィールから見ていきましょう。

スポンサーリンク

菊池美佐子のプロフィール

引用:日テレNEWS

 

プロフィール

【名前】:菊池美佐子

【読み方】:きくちみさこ

【旧名義】:村上美佐子

【年齢】:44歳

【住所】:東京都国分寺市本町3

【職業】:医師

【容疑】:詐欺未遂の疑い

 

詐欺未遂の刑罰

10年以下の懲役

 

菊池美佐子の住所は「東京都国分寺市本町3」だと報じられています。

この地域をグーグルマップで確認してみましょう。

 

 

この地域のどこかに菊池美佐子の 自宅があります。

このエリアは「JR国分寺駅」の目の前という非常に良い立地であることがわかります。

 

家賃もかなりの高額が予想されますが、不正に獲得した金で支払っていたのでしょうか。

 

菊池美佐子の結婚した夫や子供などの家族構成、生い立ちや経歴などについては現状情報が確認できていません。

今後、情報が分かり次第、記事を追記しアップデートします。

スポンサーリンク

名字が村上と菊池で違う理由なぜ?

イラスト

菊池美佐子はなぜ村上と菊池の名字を名乗っているのでしょうか?

これについて調査を進めると以下の情報が確認できました。

亡くなった女性と妹はともに名字は「菊池」。実は、菊池容疑者は、女性が亡くなった後、妹の養女になり、名字も「村上」から「菊池」に変えていたのです。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/26f63b254e54f690f23b1b04c7c8b0058bdd0e37

 

もともと女の出生名は「村上美佐子」だったのです。

 

引用:日テレNEWS

 

90代患者女性の金を不正に引き出すために女性の妹の養子になったため「菊池」を名乗っていたのです。

 

恐るべき金への執念ですね。

これだけ自由に名字を変えているということは、結婚した旦那はおらず、独身だとみるのが自然でしょうか。

スポンサーリンク

菊池美佐子のSNS(Facebook,インスタグラム,ツイッター)

イラスト

菊池美佐子のSNSはあるのでしょうか?

各SNSを菊池美佐子で検索してみるも、犯人だと思わしきアカウントは確認できていません。

 

では出生名の「村上美佐子」ではどうでしょうか?

この名前で検索すると同姓同名のアカウントの中に医療関係者だと思われるものが確認されました。

 

写真も投稿されており、菊池容疑者に似ている女性が写っているため犯人との関連性も匂わせるものです。

しかしながら現時点で菊池美佐子本人のものだという確証が得られないため、こちらでの掲載は差し控えさせていただきます。ご了承ください。

勤務先の病院はどこ?

菊池美佐子の勤務先の病院はどこなのでしょうか?

報道では「東京都国分寺市の病院(クリニック)に勤務している」とされています。

 

また菊池美佐子は「内科医」だと公開されています。

 

村上美佐子、菊池美佐子両名義で調査したところ、勤務先の病院に関する情報は確認できませんでした。

 

ただ2008年に発表された医療関係の論文の著者に「村上美佐子」の名前が確認できています。

厚生労働省の医師免許検索では「菊池美佐子」名義での医師は該当せず「村上美佐子」では1人のみ該当します。

 

引用:https://licenseif.mhlw.go.jp/search_isei/

 

登録年は平成18年(2006年)であり菊池美佐子が28歳で医師免許を獲得したことになります。

 

そのためこの論文の著者が菊池美佐子である可能性も考えられます。

ただ医師では1人でも看護師などの医療関係者で同姓同名の人物も確認できているので、注意が必要です。

高校や大学などの学歴

菊池美佐子の出身大学や高校は一体どこなのでしょうか?

これについて調査しましたが、学歴についても情報が確認されていません。

 

現代では大学のホームページや論文などのpdfファイルで大学も確認することができる時代です。

ですが、菊池美佐子が学生だったころはネット環境が現在ほど整備されていなかったため、情報がかなり少ないことが予想されます。

 

今後は報道での学歴の公開などがあった場合、記事をアップデートします。

世間の反応

イラスト

こういう思考の人は医師免許剥奪しても良いと思う!死亡した患者の妹が認知症なのを知っててそれを上手く利用しようとして資産搾取するなんて医師として考えられない言動をしていて驚きました。しかも養子縁組しているのも呆れた行動。明らかに資産狙いだね。
こんな医師が世の中にいるかと思うと患者として診察されてた人は悲しい思いでしょうね。
機転を効かした銀行員の警察への連携した連絡が素晴らしい。世の中こうした犯罪が多発しているので銀行やコンビニでの不振な振込等には職員は今後も目を見配せて欲しいです。

まず本人以外が同意書無しに口座の現金を下ろせない。かつ、死亡者の口座は本来凍結され、相続の分配が確定してから全相続人の同意の下で全額払い戻すか、葬儀費や生活費の一部費用は別の手続きで暫定的に引き出せる(正直時間はかかる)。
また、患者に家族があれば、妹が相続人に入ることがないので、当然妹にとっても他人の金。配偶者も子もない場合も、親は存命でないだろうがその他兄弟がいれば分配が必要なので、最終的に一部しか本人に権利がない。ここも不透明。

姉の名前を覚えさせたのは、ATMの暗証番号が分からないか、引き落とし限度額が設定されて数十万しか下ろせないからと思われるが、1900万円というのは窓口の用紙にその金額を書いたものと考えられ、医療費としては医療費の制度上考えにくい(仮に長期で意識がなければ、保険外高額医療の同意も無い)。医療費なら勤務医が同行するとも思えない。正直かなりきな臭く見える。

医師にしては端金とは言わないけど、そこまで危険を犯して欲しい額では無い→同意。

余程の金に困った事情か強欲なのかだったのかもですね。

もし、妹のためだったとしても。
妹が相続人ならそんな事しなくてもいずれ手に入るお金だし。
確かに今日のお金が必要だとして、そんな大金要らないよね。
妹が相続人でないなら、相続人に訴えられる可能性も否定出来ない悪質な行為だと思うけど。

引用:Yahooニュースコメント