こんにちは。

亡くなった患者の預金を不正に引き出そうとしたとして国分寺市の医師・菊池美佐子(村上美佐子)容 疑者が逮捕されました。

菊池美佐子とはどのような人物なのでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

事件の報道内容

病院で亡くなった患者の養子になりすまし、患者の口座から現金約2000万円を引き出そうとしたなどとして、警視庁小金井署は29日、東京都国分寺市本町3の医師、菊池美佐子容疑者(44)を詐欺未遂と有印私文書偽造・同行使容疑で逮捕した。容疑を否認している。

逮捕容疑は7月7日、国分寺市内の銀行窓口で、死亡した90代の女性患者の養女になりすましたり、患者の妹を患者本人と偽ったりして、患者の預金1930万円を引き出そうとしたとしている。

同署によると、菊池容疑者が内科医として勤務していた同市内の病院に6月、この患者が搬送された。患者は1週間後に老衰で死亡したが、菊池容疑者は患者の銀行に出向き、患者が死亡した事実を隠した上で「自分は(患者の)養女になる予定。代わりに現金を引き出しにきた」などと窓口で虚偽の説明をしたという。

銀行に拒まれたため、菊池容疑者は患者の80代の妹を銀行に連れて行き、患者本人と偽って再び患者の現金を引き出そうとしたとされる。しかし、妹は認知機能が衰えていて意思疎通が難しく、受け答えが不明瞭だったことから銀行が警察に通報した。

患者の身寄りは妹しかいなかったという。同署は高齢姉妹の資産を奪おうとしたとみて調べている。

菊池容疑者は事件前は「村上」姓だったが、事件後に妹の養子となる手続きを行い「菊池」姓に変更していた。「妹に頼まれただけ。死んだ人の預金を払い戻すことが悪いこととは知らなかった」などと供述している。

引用:毎日新聞

 

患者だった女性の預金を主治医だった女が不正に引き出そうとした今回の事件。

「菊池」は亡くなった患者の女性の名字であり、事件直前に金を引き出すために養女になっていました。

 

そのため出生名は「村上美佐子」であることから、こちらの記事では便宜上村上美佐子で呼称させていただきます。

スポンサーリンク

村上美佐子の病院はどこ?

村上美佐子の勤務先の病院は一体どこなのでしょうか?

報道された内容をまとめると以下の通りになります。

 

・国分寺市内の病院(クリニック)

・村上美佐子は内科医として勤務

・緊急搬送を受け入れできる規模の病院

 

この条件を含めて村上美佐子の病院について調査してみたところ、検索では一切の情報を得られなかったのです。

ただfacebook検索から以下のアカウントが確認されています。

 

引用:https://www.facebook.com/misako.murakami.54/about

 

村上美佐子と同姓同名であり「東京女子医科大学」の医学部医学科出身のアカウントです。

ですが顔の写真などの投稿はなく本人のものだという確証はありません。

 

厚生労働省の医師免許取得者の検索で「村上美佐子」を検索すると1件のみヒットします。

 

引用:https://licenseif.mhlw.go.jp/search_isei/

 

免許取得年は平成18年(2006年)であり村上美佐子が28歳の時に取得したと見られます。

 

医学部を卒業し医師として就職しない人も少なからずいますが、95%以上の卒業生が医師免許を取得し医師としてのキャリアをスタートさせています。

参考文献:https://www.kmu.ac.jp/admission/campuslife/graduate/career/medicine/index.html

 

このことから、このアカウントが村上美佐子のものである可能性が高いとみるのが自然です。

ただ勤務先の病院に関する情報は依然として確認されていないため、今後も調査を継続し新たな情報が入り次第、記事を追記しアップデートします。

スポンサーリンク

世間の反応

イラスト

高額な引き出しは本人でないと無理なのに、大胆にも自分で引き出しに行ったんですね?一日に二回も銀行に行くほど欲しかったんだ。この躊躇しない当たり前のように他人のお金を引き出そうとする行動が怖い。

2022年7月担当する患者が死亡し、その妹を使って現金1930万円を引き下ろそうとした。さらに養子縁組までして菊池姓にしていた。独身だろうか。当初自身で降ろそうとしたが名義が異なるとして引き下ろせなかったというが、そんなことも知らないのか。世間知らずだし、元々変わった医者だったのだろう。

信頼されている医者が、この様な犯罪に手を染めてしまうとは。
身寄りのない高齢者患者を狙う悪質な事件は、他にもあるのでは?

引用:Yahooニュースコメント