こんにちは。

今回は芸能リポーターでフリーアナウンサーの東海林のり子さんについて書きます。

12月1日に放送される「徹子の部屋」に東海林のり子さんが出演されます。

結婚した旦那さんや子供などの家族構成、若い頃の画像や現在の自宅などについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

東海林のり子の夫や子供など家族構成

 

東海林のり子さんは1961年に3歳年下の男性と結婚しています。

 

旦那さんの名前は「東海林誠」さんといい、立教大学のESSサークル(英語研究会)で出会った大学の先輩後輩でした。

 

当時は年下の男性と結婚する女性は珍しく、東海林さん自身も恋愛対象ではなかったと話しています。

 

夫からの猛アタックで交際し結婚を申し込まれた時には片思いの人がいたそうです。

 

誠さんは上場企業の営業職として働きながら芸能リポーターとして多忙な妻のため弁当を作っていました。

献身的に家族を支えていましたが、2018年に腎臓病で亡くなっているのです。

 

2人は結婚後に息子さんと娘さんの子供2人に恵まれています。

 

息子さんは1968年生まれの健(たけし)さん。

娘さんは1971年生まれの亜紀(あき)さん。

 

二人共すでに結婚し家庭を持たれており、息子さんの妻は中国人の女性なんだそうです。

 

東海林さんの家族の写真は以下から確認できます。

 

娘さんも家庭を持ち東海林さんの自宅の近くに住んでいるといいます。

 

東海林のり子の家族写真

https://www.jprime.jp/articles/-/15722?page=6

 

息子さんの家族は東海林さんと同じマンションの別の部屋で暮らしています。

 

お孫さんもまだ小さいながら夫の墓参りの時には「ばあばはそこにいて。転ぶといけないから」と言葉をかけられる優しい子供なんだといいます。

 

旦那さんが亡くなった時には息子さんから

 

「これからは僕が母を守っていきます」

 

と葬儀であいさつしたことが嬉しかったと話しています。

スポンサーリンク

若い頃の画像や現在の自宅

 

若い頃から芸能リポーターとして活躍していた東海林のり子さん。

1934年に埼玉県浦和市で生まれ立教大学卒業後にニッポン放送に入社しています。

 

「ニッポン放送ニュース」などに出演し1971年に娘さんの出産を機に退社しているのです。

以降はフリーの芸能リポーターとして「おはようナイスデイ」「小川博ショー」などの人気番組に出演。

 

1994年には「日本女性放送者懇談会賞」を受賞しています。

東海林さんの若い頃の写真がこちらです。

 

 

東海林のり子さんの自宅については「横浜市港北区日吉」に住んでいるようで、40年以上住んでいるとのことです。

このことは地元でも有名であり日吉の顔としても知られています。