みなさん、こんにちは。

東京都板橋区の「警視庁高島平署」で男性警察官が拳銃自殺をしたという事案が発生しました。

死亡した警察官の名前は誰なのでしょうか?

 

後の報道で高島平署地域課・小林孝博巡査長(40)だと判明しました。

 

小林孝博さんとは一体どのような人物なのでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

高島平署で警察官が自死?

 

けさ警視庁高島平署で警察官が頭から血を流して倒れているのが見つかり、死亡しました。警視庁は自殺とみて調べています。

警視庁によりますと、きょう午前7時前、東京・板橋区にある高島平署の男子トイレ内で地域課の男性巡査部長(40)が頭から血を流した状態で倒れているのを警察官がみつけました。

巡査部長は搬送されましたが、病院で死亡が確認されました。

発見された時、巡査部長の右手側の床に拳銃があり、自分で頭を1発撃ったと見られています。

高島平署は「拳銃使用による自殺事案容疑が発生したことは誠に遺憾であり、今後事実関係を明らかにし、再発防止に努めてまいりたい」とコメントしています。

引用:テレ朝news

 

1月16日の朝7時前、東京都板橋区にある「警視庁高島平署」で男性警察官が拳銃で自殺したと報じられました。

 

死亡したのは高島平署地域課の小林孝博巡査長(40)です。

 

 

 

小林巡査長は高島平署の5階にある男子トイレの中で発見され、頭から血を流している状態だったということです。

 

病院に緊急搬送されましたが、発生から1時間後に死亡が確認されました。

 

男子トイレには拳銃が落ちており、銃弾が1発発射された状態だったといいます。

警視庁高島平署は

 

「拳銃使用による自殺事案容疑が発生したことは誠に遺憾であり、今後事実関係を明らかにし、再発防止に努めてまいりたい」

 

と話しています。

 

警察官が自身の拳銃で頭を撃ち抜くというショッキングな事件。

それほどまでに追い詰められていたということなのでしょうか。

 

他に方法がなかったのか、悩みを相談できる相手がいなかったのか、男性警察官が気の毒でなりません…

小林孝博さんのご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク

小林孝博さんのプロフィールや顔画像

イラスト

プロフィール

【名前】:小林孝博

【読み方】:こばやしたかひろ

【年齢】:40歳

【住所】:非公表

【職業】:警察官

【部署】:高島平署地域課

【役職】:巡査長

 

小林孝博さんの顔画像は現時点で公開されていません。

今後の報道で公開されるかは、プライバシー保護の観点からされないかもしれません。

スポンサーリンク

小林孝博さんのSNS(Facebook,インスタグラム,ツイッター)は?

イラスト

 

小林さんのSNSはあるのでしょうか?

各SNSを「小林孝博」「takahiro kobayasi」で検索すると、以下の結果が得られました。

 

インスタグラム:10件以上

Facebook:10件以上

Twitter:4件

 

この中でFacebookには東京都在住のアカウントも確認出来ます。

しかし年齢や具体的な居住地などは確認できず、同一人物となるアカは判明しておりません。

スポンサーリンク

自宅住所や家族は?

イラスト

 

小林孝博さんの住所は公開されているのでしょうか?

現時点で小林さんについての情報は「高島平署の地域課」に勤務しているという情報のみです。

 

そのため住所についての情報は一切公開されていないようです。

 

遺書はある?

警察官が拳銃で自死を選択するというショッキングな出来事が起きてしまいました。

では、小林さんの遺書などは発見されているのでしょうか?

 

このことに関して調べてみると、遺書については一切言及されておらず、その存在の有無を確認することはできません。

 

イラスト

 

最近は自身のスマホのメモ帳などのアプリに、遺書となるメッセージが発見される場合があります。

 

また職場の自身のデスクや、自宅などに遺書がある場合も考えられます。

今後の捜査で遺書の存在も明らかになっていくと思われます。

自死の理由とは?

引用:テレ朝news

 

小林巡査長が自死を選択した理由とは何だったのでしょうか?

まだ現時点で「速報」でのニュースであるため、詳細な理由については公表されていません。

 

ですが、警察官の拳銃での自死という注目度の高いニュースであるため、様々な憶測が飛び交っています。

 

ネット上で確認できたのは

 

・上司や先輩からのパワハラ

・同僚からのいじめ

・ブラックな勤務体系

 

などの理由が挙げられていました。

全ては憶測になってはしまいますが、警察官の自死は決して珍しいことではなく、むしろ頻繁に発生している問題なのです。

 

2015年10月には当時24歳の巡査がパワハラが原因で自殺に追い込まれています。

 

兵庫県警機動隊の巡査だった木戸大地さん(当時24歳)が自殺したのは、先輩らのパワーハラスメントなどが原因だったとして、両親が県に約8000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、神戸地裁は22日、一部の行為をパワハラと認定し、県に慰謝料100万円の支払いを命じた。パワハラと自殺との因果関係は認めなかった。両親は控訴する方針。

引用: https://www.yomiuri.co.jp/national/20220623-OYT1T50100/

 

ですが、裁判ではパワハラとの因果関係が認められなかったため、両親が控訴しているのです。

小林さんがどのような理由で死を選んだのかは、うかがい知れませんが、「再発防止」と定型文のように言うだけでなく、何かを汲み取ることを警察には期待したいですね。

世間の反応

イラスト

拳銃を使っての自殺ということで、組織としては、拳銃を用いたことを問題視しそうですが、そのような亡くなり方をするまでこのの警察官が何に追い詰められたのか。
悩みはそれぞれにあって、健康上のことかもしれないし、親族間のことかもしれない。
ただ、パワハラなようなことがあってそれが原因だという可能性も無いとは言えないので、しっかり調査していただきたいと思いますし、万一何かそのようなことがあったなら、隠蔽することなく環境を改善して欲しいと思いました。

高島平といえば、今は知らないけど昔は団地が自殺の名所と呼ばれた時期もあったな。
人生の最後をトイレで自ら終えるところまで追い詰められるというのは悲しいね。

仕事のキツさやバワハラ、いじめ、ストレスいっぱいで、そういうのを上手くコントロールできない人は狂っちゃうよ。家族まで巻き込むこともあるしね。親戚でそういう例を直接見てきたからよくわかる。

引用:Yahooニュースコメント