みなさん、こんにちは。

埼玉県狭山市広瀬台1丁目で男性が銃撃された事件の被害者が鈴木頼一さん(55)だと報じられました。

 

 

鈴木頼一さんとは一体どのような人物なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

事件の報道内容

狭山市の発砲事件について「朝日新聞」では以下のように報じられています。

 

 

 埼玉県狭山市広瀬台1丁目のマンション近くで6日夜、50代の男性が銃撃されたとみられる事件で、県警は7日未明、男性がマンションの住民で職業不詳の鈴木頼一(よりかず)さん(55)と判明し、搬送先の病院で死亡が確認されたと発表した。捜査関係者によると、鈴木さんは指定暴力団絆会の幹部組員とみられるという。ほかの周辺住民にけがはなかった。県警は銃で撃たれた可能性が高いとみており、殺人などの容疑で調べる。

事件が起きたのは6日午後7時15分ごろ。鈴木さんの妻から「夫が拳銃で撃たれた」と119番通報があった。付近の住民からも「発砲音がした」といった110番通報が複数あった。地元の消防が現場に駆けつけると、鈴木さんが自宅マンションの駐車場に倒れていた。胸などから出血しており、搬送時点で意識がはっきりしない状態だった。

県警は今後、鈴木さんの死因を調べるなどして凶器の特定を進めるほか、交友関係やトラブルの有無について調べる。現場周辺の防犯カメラの映像も解析し、容疑者や逃走経路の特定につなげたい考えだ。

現場は圏央道狭山日高インターチェンジ(IC)から東に約1キロの住宅街。近くに武蔵野学院大学があるほか、500メートルほど離れた場所には小中学校や高校もある。

引用:朝日新聞

 

6日の午後7時半頃に起きた狭山市広瀬台の銃撃事件ですが、犯人は依然として逃走中です。

事件発生後、妻から

 

「夫が銃で撃たれ、意識がありません」

「4~5発は撃たれたようだ」

 

と119番通報が入り事件が発覚しました。

撃たれたの鈴木頼一さん(55)は病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。

 

別報道では鈴木さんは暴力団関係者だと報じられ、「指定暴力団・絆会の幹部」だということです。

近隣の住民の話では

 

「聞いたことがない音だった」

「花火が上がっているのかと思った」

 

と話しているということです。

スポンサーリンク

鈴木頼一さんのプロフィールと顔画像

イラスト

プロフィール

【名前】:鈴木頼一

【読み方】:すずきよりかず

【年齢】:55歳

【住所】:埼玉県狭山市広瀬台1丁目

【職業】:不詳

 

鈴木頼一さんの顔画像は公開されていないのが現状です。

家族については通報したのが「30代の妻」だと報じられており、子供などがいたのかは分かっていません。

 

※追記

その後の報道で奥さんと子供2人がいたようです。

 

自宅マンションは報道された外観から「フジハイライズ」だと判明しています。

 

 

スポンサーリンク

所属する組はどこ?

鈴木さんは暴力団関係者だという報道があります。

 

https://www.yakuza.wiki/?鈴木頼一

 

上記サイトには鈴木頼一の名前が確認でき「指定暴力団絆会若頭補佐」との記載があります。

絆会幹部との報道内容と一致するため、同一人物だと考えられます。

 

鈴木頼一(すずき よりかず)は日本のヤクザ。

指定暴力団・絆會若頭補佐、二代目川田組組長。

引用:https://www.yakuza.wiki/?鈴木頼一

 

「yakuzawiki」によると「二代目川田組組長」を務めている人物とのこと。

鈴木さんがヤクザを辞めているのか、現役なのかで事件の印象が大きく変わります。

 

しかしながら「絆会」の名簿には鈴木頼一さんの名前が確認できるため、現役のヤクザだと見られています。

スポンサーリンク

前科が判明し報復の可能性

鈴木頼一には前科があることが判明しています。

 

情報参照元

https://yakuzanews.jp/blog-entry-10916.html

 

2019年1月に神奈川県川崎市の路上で指定暴力団・稲川会系組長らが銃撃で撃たれた事件が発生しています。

この事件の実行犯として逮捕されたのが鈴木頼一であり、その時の肩書きも「二代目川田組組長」でした。

 

 土屋容疑者は、指定暴力団・絆會系「二代目川田組」組長・鈴木頼一容疑者(54)=入間市小谷田=ら4人と共謀し、2019年1月17日午後8時25分ごろ、川崎市川崎区大島の路上で、稲川会系組長ら男女3人に拳銃を複数回発射して殺害しようとし、組長以外の男女2人に重傷を負わせたとしている。男女2人は稲川会系組長と同じ車で移動していて、狙われた組長をかばって被害にあったとみられ、首や胸を撃たれるなどして大ケガをした。

引用:https://yakuzanews.jp/blog-entry-10916.html

 

この事件では死亡者はでなかったものの、組長をかばった側近の男女2人が上半身に銃撃を受け、重傷を負いました。

 

狙われたのは「稲川会代表理事」で大井組組長の「大井司」氏とその妻でした。

 

しかし逮捕されたのが事件発生から2年後の2021年3月4日であることから、事件の捜査は難航したことが窺えます。

尚、この事件は逮捕者全員が証拠不十分により釈放されています。

 

下記の動画でも過去の抗争による報復の可能性が指摘されていました。

 

 

今回の事件の背景にもこの事件との関連性が指摘されており、報復による銃撃ではないかと推察されているのです。

犯人について

犯人はどのような人物だったのでしょうか?

目撃した近隣住民によると以下のような情報が得られました。

 

・黒いフルフェイスヘルメットを着用

・黒っぽいオートバイで逃走した

 

鈴木さんは家族で食事をするために外出しており、帰宅し車から降りた所を撃たれました。

犯人は待ち伏せしていた可能性が高く、前述したヤクザ同士の抗争に関連するものと見られています。

世間の反応

イラスト

隣市の川越の職場から帰宅する時に国道16号を狭山方面にサイレン鳴らして走っていく覆面パトカーを見かけました。
何があったのか気になっていましたが銃撃事件とは。
襲撃者も被害者も暴力団関係者らしいとのことなので一般市民にその凶弾が向けられないことを強く願います。

暴力団員が身分を偽りアパートを契約していたのか、それとも30代妻の名義で借りていたのか。はたまた全く別人の名義だったのか。 さらに締め付けを強化して下さい。暴力団員がそこらへんに住んでいることや、普通に携帯電話を使っていること、車を運転していることを、厳しく取り締まるべき。

この被害者、調べたら2019年1月の稲川会系組長襲撃事件の共謀者。その報復で殺されたのだろうね。4年前に逮捕されたはずなのに、もう娑婆に出てきていたのもおかしな話。

引用:Yahooニュースコメント