みなさん、こんにちは。

今回は女優の上白石萌歌さんについて書いていきたいと思います。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

上白石 萌歌(@moka____k)がシェアした投稿

 

1月5日放送の「徹子の部屋」に上白石萌歌さんが出演されます。

 

 

この記事では結婚した夫旦那や家族構成、父親や本名などを取り上げていきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

上白石萌歌のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

上白石 萌歌(@moka____k)がシェアした投稿

 

プロフィール

【名前】:上白石萌歌

【読み方】:かみしろいしもか

【別名義】:adieu(アデュー)

【出身地】:鹿児島県鹿児島市

【生年月日】:2000年2月28日

【年齢】:22歳(2023年1月現在)

【身長】:163cm

【血液型】:A型

【趣味】:走ること、写真を撮ること、美術館めぐり

【特技】:歌唱

【ジャンル】:女優、歌手、モデル、タレント

【デビュー】:2011年

【所属事務所】:東宝芸能

《学歴》

・鹿児島市立皇徳寺小学校

・鹿児島市立皇徳寺中学校

・実践学園中学校(転校)

・実践学園高等学校

・明治学院大学文学部芸術学科

 

デビュー時から上白石萌歌の名義で活躍していますが、2019年に歌手としての別名義が「adieu」であることを発表しています。

 

ちなみに本名は「上白石萌歌」であり本名で活動していたんですね!

 

 

上記の通り2021年4月に「THE FIRST TAKE」に出演した時にはadieu名義での出演でした。

 

進学当初は地元鹿児島県の中学に通っていた萌歌さんですが、芸能生活のために東京の実践学園中学に転校しています。

 

この頃から芸能界で生きていくことを決めていたんですね!

スポンサーリンク

上白石萌歌の経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

上白石 萌歌(@moka____k)がシェアした投稿

 

2000年2月28日に鹿児島県鹿児島市で誕生した萌歌さん。

姉は女優で歌手の「上白石萌音(もね)」さんです。

 

父親の仕事の影響で小学1年~小学4年まではメキシコで過ごした経歴があります。

2011年に小学5年生で「東宝シンデレラオーディション」に参加し、史上最年少の10歳でグランプリを獲得しているのです。

 

 

もともとこの大会は姉だけが応募する予定でしたが、応募者年齢が10歳以上だったことで、「姉が受けるなら私も受けてみようと」軽い気持ちで応募したみたいです。

 

総応募数は44000人以上の中からのグランプリ獲得であり、「ニュージェネレーション賞」に浜辺美波さん、「審査員特別賞」に上白石萌音さんや山崎紘菜さんが選ばれた高レベルなオーディションでした。

 

ファッション雑誌「ピチレモン」のモデルとして芸能活動を開始し、12歳でドラマ「分身」で女優としてデビュー。

 

 

高い歌唱力が評価されて2016年8月にミュージカル「赤毛のアン」で史上最年少で主演「アン・シャーリー」役を演じています。

 

同年に放送されたテレビCM「午後の紅茶」でcharaの「やさしい気持ち」を歌い、「あの歌のうまい美少女は誰だ!?」とネット上で大きな話題になり注目を集めます。

 

 

その圧倒的な歌唱力に商品よりも萌歌さんの問い合わせが殺到したという逸話も残っています。

2019年4月にはバラエティ番組「A-Studio」の11代目サブMCに抜擢。

 

2021年ドラマ「ソロモンの偽証」で連ドラ初主演に抜擢されました。

2022年は「金田一少年の事件簿」でヒロインの美雪役、朝ドラ「ちむどんどん」では主要キャラの歌子を演じ話題になりました。

スポンサーリンク

結婚した旦那(夫)は?

 

上白石萌歌さんを検索で調べると「結婚」「旦那」というサジェストが確認できます。

23歳という年齢ながら結婚相手がいるのかと思う方もいるでしょうが、萌歌さんが結婚したという情報は一切確認されていません。

 

ではなぜ萌歌さんの結婚や旦那さんが注目されたのでしょうか?

先述した通り2022年4月から放送されている連続テレビ小説「ちむどんどん」のドラマが関係していると思われます。

 

 

上記ツイートの通り、ドラマ内で萌歌さんは俳優の「前田公輝」さん演じる智と結婚しているのです。

紆余曲折を経ての結婚だっただけに、視聴者の中で強い印象が残ったと思われます。

 

そこで役を演じた萌歌さんも結婚した旦那さんがいるのか興味が湧いた方が多かったことで、検索数が増加したと考えられます。

父親や母親など家族構成

 

上白石萌歌さんの父親のお名前は「上白石修」さんといい、中学教師をしている人物です。

幼少時代に上白石姉妹がメキシコで暮らしていたのは、父の修さんがメキシコの学校に赴任したことがその理由です。

 

父が社会科の教師なので大河ドラマは必ず見てはいましたが、それに出演することの重みみたいなものはまだ理解できていなかったと思います。

 

上記の通り過去のインタビューで父親は「社会科の教師」であることを公表しています。

修さんの画像はこちらです。

 

引用:https://guruffin.com/celebrity-jp

 

母親も父と同じ中学教師であり名前は「上白石孝子」さんといいます。

音楽教師をしていた孝子さんは娘二人が産まれる前から「胎教」として、いつも音楽を聞かせていたそうです。

 

萌歌さんと萌音さんの名前も音楽を愛する母が決めたそうです。

現在は教師を辞めて自宅でピアノ教室を開いて教えているそうです。

 

姉の萌音さんは幼稚園から小学校までみっちりとピアノを習っていました。

 

母の指導を受ける姉の姿を見て、子供心に「私はやらないぞ」と意思を固めていました。なので、この役を演じるまではまったくのビギナー。スキップしたくなるような元気な曲を弾く由仁(役名)になりきるために猛特訓しました。

 

上記の通り姉の姿を見てピアノは習っていなかったそうです。

ですが音楽のセンスが抜群なのは母親の影響が強いのでしょうね。

 

上白石萌歌さんに萌音さん以外の兄弟がいるという情報はないため家族構成は父、母、萌音さん、萌歌さんの4人です。