こんにちは。

2021年9月に殺害された丸山希美さんの犯人が夫の丸山大輔県議だと判明しました。

この記事では丸山希美さんの子供やfacebookなどについて書いていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

事件の報道内容

長野県塩尻市で去年、県議会議員の妻が殺害された事件で、警察は夫で現職の県議・丸山大輔容疑者(48)を殺人の疑いで逮捕しました。

この事件は去年9月、塩尻市内の丸山容疑者の自宅で、妻・希美さん(当時47)が首を絞められるなどして、殺害されたものです。

逮捕前、JNNの取材に対し、丸山容疑者は…

「真相は早く知りたい。犯人がどんな心境でそういうことに至ったのか」

警察は今後、動機などを追及する方針です。

引用:TBS NEWS DIG

 

2021年に何者かによって殺害された丸山希美さん。

事件は未解決のまま1年が経過していましたが、11月28日になって犯人が逮捕されました。

 

逮捕されたのは希美さんの夫である丸山大輔県議だったのです。

 

事件当時から旦那が怪しいという声も上がっていましたが、テレビカメラの前で涙を流し「早く解決してほしい」と話していた姿に恐怖すら覚えます。

 

この記事では丸山希美さんのfacebookや人物像について書いていきます。

スポンサーリンク

丸山希美さんのプロフィールと顔画像

引用:SBC

 

プロフィール

【名前】:丸山希美

【読み方】:まるやまのぞみ

【年齢】:47歳(享年)

【住所】:長野県塩尻市塩尻町

【職業】:会社役員

【死因】:首を絞められた事による窒息死

 

丸山希美さんは夫が社長を務めていた「笑亀酒造」の会社役員として活動していました。

事件当時は外国人の犯行だとも言われていましたが、まさか夫だとはいろいろな意味でショックが大きい事件です。

スポンサーリンク

丸山希美さんのfacebookは?

イラスト

 

丸山希美さんのfacebookはあるのでしょうか?

丸山希美」「nozomi maruyama」「まるやまのぞみ」で検索しましたが、該当するアカウントはありませんでした。

 

以前の報道では希美さんのfacebookから引用した写真が紹介されています。

 

 

こちらの写真にはフェイスブックよりと記載されているため、事件当時はアカウントが存在していたようです。

 

それから1年以上が経過しているため、現在は削除されている可能性が高いですね。

スポンサーリンク

丸山希美さんの子供は?

丸山希美さんの子供については判明しているのでしょうか?

以前の報道によると子供は2人いて小学生と中学生の子供がいるそうです。

 

具体的な年齢などは公表されていませんが、母が亡くなった後も元気に生活しているとのことです。

希美さんの遺体を最初に発見したのが息子さんだというのは本当にかわいそうです。

 

以前丸山県議がテレビのインタビューで

 

「(妻に)しっかりやっているから、大丈夫だよと言いたいかな。特に子どもたち、『元気でやってるので心配しないで大丈夫だよ』と言ってやりたいな。まだ捜査が続いているということなので、一刻も早く何か手がかりが見つかって解決してほしい」

 

と話していたといいます。

このコメントだけ見たら良い父親ですが、実は殺害したのは自分だと心のなかで思っていたのでしょうか。

 

子供たちも父親とは今後人間関係の修復ができるのでしょうか。

とても母親を殺害し何食わぬ顔で生活していた父親と一緒に生活する気にならないと思います。

丸山希美さんの人柄

丸山希美さんとはどのような人物だったのでしょうか?

近所の方によると希美さんは

 

「誰にでも別け隔てなく接する優しい人です。なぜ殺されなくちゃいけなかったのか」

 

と肩を落としていたそうです。

 

「注文の電話の対応がいつも丁寧で穏やかな人だった」

「旦那さんを応援して支える暖かくて優しい人だった」

「気さくな人で知人の話では盛り上がってばかりだった」

 

近隣の住民の話では悪い評判をまず聞かないほどの人物だったようです。

これだけ評判がいいと丸山県議にとっても自慢の妻だったはずですが、なぜこのようなことになってしまったのでしょうか。

 

地方議員の奥さん、酒造会社の役員、母親という3足のわらじを履いていたのは本当にすごいことだと思います。

世間の反応

イラスト

まさか夫が犯人だったとは。普通に見つかって欲しいとかカメラにコメントしてた気がするけど。とはいえ殆どの殺人事件は家族間で起こるらしいので元から捜査線上にはあったんでしょうが、当初は彼は宿舎かどっかにいたとか言ってたような気も。宿舎には防犯カメラなどもあるだろうし、もっとはやく逮捕できた気もしますけど1年もかかったのは他に理由はあるのかな。

当時は「被害者は金庫の前で首を絞められて倒れていた」という報道だった
仮に犯人が物取りや強盗なら「侵入した形跡」「金庫を開けようとしたり事務所内を物色した形跡」「被害者に見つかったときに争ったりもみ合った形跡」というものがあったという話が多少漏れ聞こえるんだが、そういう類の報道は当時一切といっていいほどなかったと記憶してるんだよね
だから犯人が被害者にとって身近(油断をさせて一方的に首を絞めることが可能)かつ対等(犯行時刻の深夜に自宅兼事務所にいても不自然でない)な人物、というのはある程度想定はできるよね・・・

地方議員の奥さん(家族)って、結構大変で、夫婦二人三脚でやってるイメージがあるけど。

知り合いの議員さんも奥さんに感謝してるし、逆に旦那さんが議員という友人も、「私も大変だけど、旦那はもっと頑張ってるから。苦労承知で結婚したから。」って。
夫婦で苦楽を共にするって、素晴らしいな、って思ってたけど。

でも、当たり前だけど、地方議員全員がおしどり夫婦ではないのだろうな…。

引用:Yahooニュースコメント