こんにちは。

今回は女優の山村紅葉さんについて色々書いていきたいと思います。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

山村紅葉(@momijiyoshikawa)がシェアした投稿

 

12月27日放送の「徹子の部屋」に山村紅葉さんが出演されます。

山村紅葉さんの夫や子供など家族構成や画像、若い頃についても取り上げていきたいと思います。

 

それではどうぞ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

山村紅葉のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

山村紅葉(@momijiyoshikawa)がシェアした投稿

 

プロフィール

【名前】:山村紅葉

【読み方】:やまむらもみじ

【愛称】:もみちゃん

【出身地】:京都府京都市

【生年月日】:1960年10月27日

【年齢】:62歳(2022年12月現在)

【身長】:156cm

【血液型】:A型

【趣味】:スケート、読書

【特技】:京ことば、英語、日本舞踊名取(尾上紅葉)

【デビュー】:1983年

【所属事務所】:東宝芸能

《学歴》

・京都教育大学附属幼稚園

・京都教育大学附属桃山小学校

・京都教育大学附属桃山中学校

・京都教育大学附属高等学校

・早稲田大学政治経済学部経済学科

 

山村紅葉さんは旧姓ですが本名なんです。

現在のお名前は結婚して名字が変わってるんですが、これはまた後述します。

 

学校は幼稚園の頃から「京都教育大学附属」に通っていて、高校まではエスカレーター式で進学しています。

大学は早稲田大学に進学しているエリートなんですね!

 

山村紅葉さんというと着物姿のイメージが強い方も多いと思うんですけど、日本舞踊の名取だったんですね。

名取」とは芸道で高い技術が認められて師匠や家元から芸名を名乗ることを許された人のことを指します。

 

尾上紅葉」が山村さんの日舞界でのお名前なんです。

スポンサーリンク

山村紅葉の経歴や若い頃

 

1960年10月27日に京都府京都市で生まれ育たった山村さん。

山村紅葉とは本名で愛称は「もみちゃん」でした。

 

7歳年下の妹がいた2人姉妹で、実家は大変なお金持ちだったため、家にはお手伝いさんがいたそうです。

幼稚園からお受験をして附属幼稚園に入園。

 

外に遊びに行く時は母親がポケットにワイヤレスのマイクを忍ばせていたとのこと。

ケンカやいじめに遭うと母親が飛んできて仲裁に入るほど過保護に育てられたんだとか。

 

山村紅葉さんの若い頃の写真がこちらです。

 

 

大学時代にドラマ「燃えた花嫁」で女優デビューし、卒業するまでに20本以上の作品に出演しています。

1984年に「国税庁国税専門官」試験に合格すると、芸能界を引退して国税調査官として仕事に就きます。

 

この仕事を選んだ理由としてインタビューで以下のように答えています。

 

「できれば、男性と対等に働きたいと考えていました。でも、男女雇用機会均等法ができる前のことですから、選択肢は公務員くらい。そんななか、日本の脱税問題を考える機会があって、年間の脱税額の大きさに驚きました。こうしたお金がきちんと納税されて、福祉や教育に使われたら、日本はもっと充実した社会になるのに、と思ったのです」

引用元:https://www.shiruporuto.jp/public/document/container/kataru/045_momiji_yamamura.html

 

26歳で結婚すると仕事を辞めて専業主婦になる予定でしたが、ドラマや舞台などの出演依頼が殺到。

芸能界に復帰し数々の作品に出演されました。

 

特にサスペンスものには「顔」と呼べるほど出演作品を誇っています。

そのため日本一殺人事件現場を見た女優とも言われたとか言われてないとか。

 

近年は旅番組やバラエティ番組などにも出演。

62歳になった現在でも出演本数は事務所で1,2を争うほどなんだそうです!

スポンサーリンク

山村紅葉の夫の名前や画像写真や馴れ初め,子供は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

山村紅葉(@momijiyoshikawa)がシェアした投稿

 

山村紅葉さんは1987年に結婚をしています。

結婚相手は財務省のキャリア官僚である吉川元康さんでした。

 

夫との馴れ初めは大学卒業後に就職した「大阪国税局」に勤務していた時の上司と部下の関係でした。

といってもいつも一緒に働いていたわけではなく、一緒に仕事したのは3日間だけだったそうですよ!

 

現在の本名は吉川紅葉という事になります。

夫の吉川元康さんの顔画像はこちらです。

 

引用:https://girlschannel.net/topics/4360217/

 

交際したのは2年弱だったのですが、仕事をきっぱりとやめて結婚しました。

その理由としてインタビューで以下のように話しています。

 

「朝、味噌汁の香りで目覚め、夜は『今日の晩ごはんは何かな』と思いながら帰宅できるような温かい家庭が夢だった」というご主人の望みを叶えるべく、きっぱり退職し結婚します。

引用元:https://www.shiruporuto.jp/public/document/container/kataru/045_momiji_yamamura.html

 

旦那さんのささやかな願いを叶えるべくきっぱり仕事をやめるとは、なんて良い奥さんなんでしょうね!

 

ただ専業主婦としてやっていこうとしていた時、女優業の出演依頼が殺到してしまい離婚覚悟の決断をしたそうなんです。

夫は仕事の関係でアメリカへの転勤が決まっていたため、別々に暮らして仕事をするのは離婚上等の覚悟があったから出来たことらしいです。

 

ただ旦那さんも

 

「そんなに好きなことがあるなら応援しようと思う」

 

と紅葉さんの仕事を認め理解を示してくれました。

 

 

そんな旦那さんの心意気があったから「サスペンスの女王」山村紅葉さんは誕生したんですね。

子供について調査しましたが、山村紅葉さんの口から子供についての一切の言及がないため子供はいないと思われます。

 

女優業や日舞の名取として多忙を極めていたことから、母親として生きるよりもそちらを取ったのではないでしょうか。

 

結婚36年目となった2022年現在もおしどり夫婦として仲良く暮らしているそうです。

スポンサーリンク

山村紅葉の家族構成

 

山村紅葉さんの家族について紹介していきます。

 

父親は元教員の山村巍(たかし)さんです。

立大理工学部卒業後中学や高校で数学教諭として活躍。

教師退職後の晩年はデッサンや油絵などで個展を開いていました。

 

母親は推理小説作家の山村美紗さんです。

ミステリー界の女王と言われ、日本のアガサクリティとも称される稀代の小説家でした。

元々は中学校の国語教師でしたが、結婚機に家庭に入り小説家に転向。

多い時には月に8本もの連載を抱えており、800枚作品を書いていたほどの売れっ子でした。

 

 

ちなみに山村紅葉さんのデビュー作品は母美紗さんの作品でした。

 

祖父は民法学者で京都大学名教授の木村常信さん

叔父には政治学者で北海道大学名誉教授の木村汎(ひろし)さん。

 

親族には著名人がずらりと顔をそろえる家族だったんですね。

まとめ

山村紅葉さんの経歴や若い頃、家族構成についても書いていきました!

いかがでしたでしょうか?

 

あのお上品な佇まいは幼い頃から良家で教育された賜物なんですね。

日舞の名取としても女優としてもすごい経歴を持っていて、日本の大女優の1人という言葉がぴったりだと感じました。

 

また旦那さんとの結婚の決断や仕事を続ける要因になった理解の深さなど、様々な要因が重なって山村さんは女優として活躍しているんですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます