みなさん、こんにちは。

今回は俳優の橋爪功さんについて書いていきたいと思います。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

橋爪功(@zumezume_isao0917)がシェアした投稿

 

1月12日放送の「徹子の部屋」に橋爪功さんが出演されます。

 

 

この記事では橋爪功さんが結婚した嫁や息子の現在、娘の結婚などについて書いていきたいと思います。

それではどうぞ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

橋爪功のプロフィール

 

プロフィール

【名前】:橋爪功

【読み方】:はしづめいさお

【出身地】:大阪府大阪市東住吉区

【生年月日】:1941年9月17日

【年齢】:81歳(2023年1月現在)

【身長】:168cm

【血液型】:O型

【趣味】:草野球、野菜づくり

【所属劇団】:演劇集団 円

【事務所】:円企画

【デビュー】:1962年

 

橋爪功さんは1941年生まれで御年81歳になります!

いやあ、さすが芸能生活が60年以上の大ベテランお若いですよね。

 

橋爪功さんの学歴は以下の通りです。

 

・東田辺小学校

・大阪教育大学附属平野中学校

・府立天王寺高校(転校)

・都立青山高校(卒業)

 

1年生の2学期に大阪から東京の高校に転校しています。

ちなみに青山高校の同級生にはドリフターズの「仲本工事」さんがいました。

スポンサーリンク

橋爪功の経歴

 

1941年に大阪府大阪市で誕生した橋爪功さん。

父親は「大阪電気商会」の重役であり、父が48歳のときに生まれています。

 

母親は父親の愛人だったそうですが、3人きょうだいの末っ子で11歳年上の兄と姉がいました。

 

父の本妻との家庭は「本宅」とされており、姉が誕生してまもなく本宅の養子になったこともあり、兄と一緒に頻繁に遊びにいっていたそうです。

 

 

子供の頃は父親がよく映画や歌舞伎に連れて行ってくれたそうで、6歳の時には演劇部に所属していた兄の舞台に子役として出演した経歴もあるのです。

 

小学校~中学校と生徒会長を務め、野球部に所属する野球少年でした。

中学時代の橋爪さんはかなりのヤンチャだったそうです。

 

 

中学2年の時に、父親がガンで亡くなると、元々病弱だった本妻も直後に亡くなってしまいます。

高校1年生の時に、兄を頼って母親とともに上京し、父親の遺産で千歳鳥山に一軒家を建てました。

 

高校時代の橋爪さんは、演劇部にで部長を務め、ボウリング場でアルバイトをする生活を送っていました。

高校2年生の時には、友人とともに自転車で東北を一周旅行に挑戦しますが、途中で心が折れて電車で帰宅したというエピソードが残っています。

 

収入の面で厳しかったため大学進学を断念した橋爪さんでしたが、ある日新聞で劇団「文学座」の研究生の募集を発見。

 

文学座の同期には「樹木希林」「小川真由美」「北村総一朗」らがいる世代で、後の黄金世代と言われています。

舞台「スカパンの悪だくみ」のヒットで演劇界で有名になった橋爪さん。

 

 

1975年には演劇集団「円」の創立メンバーとして参加し、現在でも舞台活動を継続。2006年からは代表を務めています。

 

その後の活躍はめざましく大河ドラマ9作品、連続テレビ小説6作品に出演。

舞台で鍛えた演技力を武器に、刑事ドラマから喜劇まで様々なジャンルの作品に出演。

 

日本アカデミー賞では「優秀主演男優賞」を2回、「助演男優賞」を2回受賞するなど14の賞を受賞。

2021年には国や公共に対して功労のある人物に贈られる「旭日小綬章」を受賞している芸能界を代表する人物です。

スポンサーリンク

結婚した奥さん(嫁)について

 

橋爪功さんは過去に3回の結婚歴があります。

1人目から順を追ってご紹介していきます。

1人目の妻

1人目の妻は舞台プロデューサーを務めていた「貴志子さん」といいます。

 

貴志子さんの職業は一般人であるため、結婚した時期や年齢などは公表されてはいません。

また1回目の結婚では子供はいないようです。

 

2人目の妻

2人目の妻は元宝塚女優として活躍した「高岡奈千子」さんです。

高岡さんは元女優なので、過去の宝塚演劇のパンフレットに奥さんの写真が掲載されています。

 

その画像がこちらです。

 

引用:https://aucview.aucfan.com/yahoo/w486793866/

 

高岡さんとの間には長男を授かっており、演出家として活躍している「橋爪貴明」さんです。

3人目の妻

3人目の妻は一般女性である「弥生さん」です。

 

弥生さんは一般女性であるため、顔画像や職業などは公開されていませんが、20歳年下であり「やよいちゃん」と呼ぶそうです。

 

馴れ初めは沖縄の国際通りで橋爪さんから声をかけて知り合った、いわゆるナンパがきっかけです。

弥生さんの画像は顔を隠されていますが、奥さんの写真が娘さんのツイッターで公開されています。

 

 

弥生さんとの間には次男で元俳優として活動していた橋爪遼さん。

長女には女優や歌手・振付師として活躍している橋爪渓さんが誕生しています。

スポンサーリンク

小川真由美との関係

橋爪功さんと小川真由美さんとの関係について調べました。

お二人は過去に交際していた事実があり、実際に婚約までしていたそうです。

 

 

ですが、正式に結婚する前に2人は破局を迎えてしまったため、事実婚という事になります。

現在ならば正式な手順を踏まない事実婚でも、婚姻関係が認められます。

 

しかしながら当時は婚姻届のない「内縁」では結婚は認められていなかったため、小川真由美と結婚した、妻だったというのは誤りです

橋爪功の子供(娘,息子)について

前述した通り、橋爪さんにはお子さんが3人いらっしゃいます。

長男、次男、長女、順を追って書いていきます。

長男:橋爪貴明

長男は演出家として活躍中の「橋爪貴明」さんです。

貴明さんの顔画像はこちらで公開されています。

 

 

高校卒業後にアメリカの「コロンビア大学」に留学。

1990年に舞台「COUNTDOWN」のプロデューサーとして業界デビュー。

 

2001年にはオリジナルミュージカル作品を作成し、ヴォーカルやダンストレーナーとしても活躍。

父が代表を務める「劇団円」の舞台プロデュースをするなど、仕事を共にすることもあるそうです。

 

次男:橋爪遼

次男の橋爪遼さんは1986年生まれの36歳です。

2004年に18歳で俳優としてデビューし、「ドラゴン桜」や「めぞん一刻」「仮面ライダーW」などに出演。

 

将来を期待されましたが2017年6月2日に覚醒剤を所持していたとして「覚せい剤取締法違反」で逮捕されました。

 

 

逮捕当時、上映中だった映画「たたら侍」は上映終了し、出演していたドラマ「やすらぎの郷」は降板となり名前も削除されています。

 

また出演した「踊るさんま御殿」では顔にモザイクが入り、発言シーンは全てカットされています。

 

 

情報参照元

https://www.kochinews.co.jp/article/detail/599282

 

当時の判決で懲役1年6ヶ月、執行猶予3年はすでに猶予期間が満了しました。

俳優は逮捕された2017年にすでに引退しており、奈良県にある回復施設に入って3年間のプログラムを受けたそうです。

 

 

現在は奈良県に一人暮らしをしながらアルバイトを2~3個掛け持ちして生計を立てているようです。

今後の俳優復帰については未定ですが、かつて依存症と戦っていた高知東生さんと、インタビュー共演したことで今後芸能界復帰の可能性も考えられます。

長女:橋爪渓

長女の橋爪渓さんは1989年5月24日生まれの33歳です。

幼い頃からクラシックバレエを習っていおり、中学ではダンスを勉強。

 

高校卒業後には「ワタナベエンターテインメントカレッジ」で作詞作曲を学び、アーティストとして活躍。

また女優や歌手、ダンスパフォーマーと幅広く活躍している人物です。

 

橋爪渓さんは結婚しており、娘さんに恵まれています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

橋爪渓(@hsdmkei)がシェアした投稿

 

橋爪功さんから見ると孫ということになり、かわいくて仕方がないのではないでしょうか。