みなさん、こんにちは。

16日の夜に福岡市の博多駅前の路上で、川野美樹さんが刺殺される事件が発生しました。

亡くなった川野美樹さんの元交際相手が犯人だと報道され、注目が集まっています。

 

 

ネット上では交際相手についての情報が出回っています。

元カレの男とはどのような人物なのでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

元交際相手は31歳の飲食店勤務だった

現在、川野さんを殺害した犯人の男は逃走中であり、警察が行方を追っています。

報道では川野さんの元交際相手は31歳の男性で、飲食店に勤務していたと報じられました。

 

引用:FNNプライムオンライン

 

川野さんとは同じ系列の飲食店が勤務先で、職場の同僚だったということです。

2022年10月頃まで交際していた2人ですが、その後破局しています。

 

報道されている元彼の情報は以下の通りです。

 

・年齢は31歳

・職業は飲食店勤務

・自宅は福岡市博多区

 

川野美樹さんはエステの代表を務めていましたが、その後退職し、現在は事務系の派遣社員として勤務していました。

その傍ら、夜は飲食店で週1~2回のアルバイトをしていたことが判明しています。

 

引用:テレビ西日本

 

2人は同じ職場の同僚だったことが報じられています。

 

捜査関係者によりますと、2人は以前、同じ系列の飲食店で働いていて、そこで知り合い付き合い始めたとみられています。警察は、交際をめぐり、2人の間に何らかのトラブルがあったとみて捜査をしています。

引用:TBS NEWS DIG

 

離婚し女手一つで子供を育てるため、シングルマザーとしての人生を選び、夜のアルバイトもしていたのだと思います。

スポンサーリンク

破局後にストーカー行為をするように

 

川野さんは別れを告げたにも関わらず、元交際相手はつきまとうようになったといいます。

警察には「元カレにつきまとわれている」と何度も相談がありました。

 

引用:テレビ西日本

 

その内容は以下のようなものです。

 

・職場の近くで待ち伏せしている

・携帯を取られて位置情報が分かるようにされる

・1日に何回も電話がかかってくる

 

このことは警察に何度も相談しており、警察から複数の警告や近づくことを禁止する命令などもありました。

元交際相手は、これに従う仕草を見せていましたが、2022年11月から行方が分からなくなっていました。

スポンサーリンク

元交際相手の名前が流出?寺内進は本当?

犯人は現在も逮捕されておらず、逃走を続けており、名前や顔画像などは公開されていません。

 

ですが川野美樹さんの元彼についてTwitterではある情報が出回っています。

交際相手の犯人は「寺内進31歳」だというものです。

 

その内容とは以下のようなものです。

 

 

このツイートによると犯人の男は「寺内進31歳」だということです。

勤務先は、川野さんと同じ系列の中洲のラウンジで働いていたということです。

 

ツイッターにはこの情報が拡散されており、犯人=寺内進という図式ができあがっています。

たしかに、報道された内容では川野さんと犯人は同じ系列の飲食店で勤務しており、逃走中の犯人は31歳だと報じられています。

 

※追記

犯人が逮捕され情報通り「寺内進」でした

犯人についての詳しい情報は↓の記事からどうぞ

 

犯人の情報が報じられる前に、この情報が出回っていたとしたら、ある程度の信憑性はあるといえるでしょう。

 

しかしながら、この元ツイートははすでに削除されており、拡散されている情報だけが独り歩きしているのが現状です。

 

真偽については不明であるため、情報の取り扱いには十分ご注意ください。

スポンサーリンク

犯人はすでに死亡している説も

現在も逃走している元交際相手の犯人ですが、すでに死亡している説も囁かれています。

その理由は事件発生後30分後に起きた人身事故です。

 

 

博多駅近くの鹿児島本線の千早駅~箱崎駅の区間で起きた事故のようです。

犯行後すぐに移動したらこの場所にも移動が間に合うともいわれています。

 

 

事件が発生した博多駅から箱崎駅までは「電車で5分」の距離です。

電車の間隔次第ですが、理論上は犯人が間に合う距離だと思われています。

 

 

たしかに、あれだけ多くの人がいる場所で事件を起こしたにもかかわらず、犯人の足取りがつかめていないことには違和感を感じるという指摘もあります。

 

犯人逮捕の前に、元交際相手の自宅に家宅捜索に入ったと報じられており、逮捕前の家宅捜索は通り魔事件としては過去にはあまり例がないことです。

 

※追記

警察が犯人の身柄を確保しました。

さらに犯人の画像も公開されました。

 

 

ただ犯人死亡説は個人の見解に過ぎず、公式では発表されていないことに注意が必要です。

人身事故に関しても偶然であるということは十分考えられるため、この説には重大な疑義があるといえます。

 

そのため、情報の拡散には十分ご注意ください。

世間の反応

イラスト

割と最近春日市でも同じような事件がありました。
あちらは春日市の駅の近くでしたが…同じように女性は警察に相談していたと報道がありました。

元交際相手だと、実家、自宅、職場、利用する路線や時間帯等もバレている可能性が高いですので、本当に恐怖だと思います。

どうしてそこまで相手に依存してしまうのか…失恋経験は多くの方があると思いますが、多くの方は乗り越えて別の幸せを探すはずです。

亡くなった女性は最後まで怖かっただろうと思うし警察にまで相談したのにこんな結果ばかりでは相談しても意味が無い。

なんとかならないものですかね…

ここまで来ると今後はお金を払ってでも民間のボディガードを雇わないといけないレベルかと。
交際相手がこのような強行に打って出るかなんて交際前に分かるはずもないので。
また、付き合っていなくても勝手に好意を寄せて、自分の思い通りにいかないと手を出すようなのも居る訳で。
警察は何をしているんだ?と言う方もいますが、警察は実際に重度な事件化にならない限りは動きません。
安全を求めるならお金を払って買う時代になったと思考を変えていくしかないでしょう。
それでも完璧な安全は手に入らないとは思いますが。

「ストーカー」という言葉が一般的になったのは、かなり前の桶川の事件がきっかけだったと記憶している。あの時は、事件が起きなければ警察は動かないことにショックを受けた。
警察も昔よりは頑張ってくれていると思うが、これまでに何件も似たような事件が起きていて、根本的には改善されていないようで悲しいし怖い。
例え自分の行動に非がなくても、変な奴に逆恨みされ、しつこく狙われたら防ぎようがない。やられる前にやる? そうすると自分が捕まる。難しい。

引用:Yahooニュースコメント